全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

西野さん 堀江さん 大樹で「夢デザイン」講演

夢を実現するための行動について話す(右から)堀江さんと西野さん

 絵本「えんとつ町のプペル」の作者でお笑い芸人の西野亮廣さんと、大樹町でロケット開発を進めるインターステラテクノロジズ(IST)の創業者堀江貴文さんの講演会「夢をデザインする」(実行委員会主催)が21日、町生涯学習センターで開かれた。満席となる約500人が訪れ、夢を実現する手段や行動についての2人の話に聴き入った。

 西野さんは絵本作家として活動し、自作の映画化に取り組むほか、振り袖販売・レンタル業者の事業停止で被害を受けた新成人向けのイベントを開催したことでも知られる。

 講演では昨年発売した自著「革命のファンファーレ」を基に、絵本制作資金をクラウドファンディング(CF)で集めた手法を紹介。「現代のお金は信用。本音で動けば信用が増える。CFは信用をお金に換える両替機」と自身の理論を語った。

 堀江さんは住民票を置く大樹町について「ロケットタウンにしたい。打ち上げは世界共通のコンテンツで、世界から見に来る人が増える」と述べた。その上で、米国で人工衛星投入事業を手掛けるスペースX社を引き合いに、「彼らが10年でできたのだから(ISTは)5年でできる。大樹の人口は2万人になる」と将来像を語った。

 さらに、「町内で年内に自動配送ロボットの会社を立ち上げたい。通信制高校を設立し、ロケット実験に参加できる宇宙工学コースをつくりたい」と今後の事業構想も披露した。

関連記事

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

一面のジャガイモ たっぷり袋詰めに JAひろお感謝祭

 JAひろお(萬亀山正信組合長)の感謝祭が14日、「Aコープサンタ村」(町紋別18)で開かれた。  会場では、町内の農家で作った取れたて野菜、広尾産黒毛和牛のカットステーキ、ゆでたてトウモロコ...

「なつぞら」小道具も よつ葉ミルクフェスタ 音更

 「よつ葉ミルクフェスタ2019」が14日、音更町内のよつ葉乳業十勝主管工場で開かれた。同社の生乳を使ったソフトクリームや乳製品、牛肉製品などを多数販売、十勝の農民乳業設立シーンが物語に登場する...

長野日報社

棚田米の「おいしい酒」期待 中川村大草で稲刈り

棚田が広がる長野県中川村大草の飯沼地区で7日、酒米・美山錦の収穫があった。棚田の保全に取り組む飯沼農業活性化研究会(坂下芳久会長)のほか、JA上伊那や村などの関係者ら約50人が参加。おいしい酒...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク