全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「さんしんの日」に大合奏会 270人が三線の音響かせる

 「さんしんの日」にちなんだ「サンシン大合奏会」(主催・同実行委員会、市文化協会)が4日夕、石垣市総合体育館メインアリーナであり、参加者約270人が会場いっぱいに三線の音色を響かせ、発信した。午後7時には時報に合わせて「かぎやでぃ風節」を心一つに演奏した。

 大合奏会は子どもたち17人による「繁昌節」「とぅまた節」「でんさ節」で始まり、本調子で「鷲ぬ鳥節」「赤馬節」など8曲、二揚で「黒島節」「千鳥節」など6曲を全員で演奏した。  八重山芸能の後継者育成を目的とした「琉球芸能鑑賞会事業」に参加したメンバー18人がゲスト出演し、多彩な演目を披露して合奏会に花を添えた。

 糸洌長章実行委員長は「三線は平和のシンボル。八重山から大合奏を声高らかに発信しよう」とあいさつ。中山義隆市長(石垣安志教育長代読)が祝辞を寄せた。

 昨年9月から三線を始めて今回初参加の北井ひまりさん(大浜小4年、10)は「緊張はしなかったが、『でんさ節』で少し間違えてしまった。たくさんの人と合わせるのは難しかった。コンクールで合格するのが目標。来年も(大合奏会に)参加したい」と語った。

 「さんしんの日」は、1993年にRBCが主催して沖縄本島で始まり、八重山では市文化協会が音頭を取って2001年から開催。ことしで19回目を迎える。

関連記事

感謝の思い胸に 小学校卒業式 帯広

 十勝管内の多くの小学校で22日、卒業式が行われた。卒業生は4月から通う中学校の制服に身を包み、晴れて学びやを巣立った。  この日、式が行われたのは管内全小学校(93校)の約9割に当たる81...

宇部日報社

県立美術館で扇の特別展

 県立美術館の特別展「扇の国、日本」が、山口市亀山町の同館で開かれている。日常的に使用された紙の扇をはじめ、扇をモチーフとしたびょうぶや器、ふすま絵など、中世の作品を中心に約160点を並べている...

長野日報社

甲信の縄文“魅力発信” 茅野で初フェス

 八ケ岳周辺がエリアの日本遺産「星降る中部高地の縄文世界」の活用に取り組む甲信縄文文化発信・活性化協議会は21日、初の「甲信縄文フェスティバル」を茅野市の茅野市民館で開いた。日本遺産を構成する...

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク