全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「さんしんの日」に大合奏会 270人が三線の音響かせる

 「さんしんの日」にちなんだ「サンシン大合奏会」(主催・同実行委員会、市文化協会)が4日夕、石垣市総合体育館メインアリーナであり、参加者約270人が会場いっぱいに三線の音色を響かせ、発信した。午後7時には時報に合わせて「かぎやでぃ風節」を心一つに演奏した。

 大合奏会は子どもたち17人による「繁昌節」「とぅまた節」「でんさ節」で始まり、本調子で「鷲ぬ鳥節」「赤馬節」など8曲、二揚で「黒島節」「千鳥節」など6曲を全員で演奏した。  八重山芸能の後継者育成を目的とした「琉球芸能鑑賞会事業」に参加したメンバー18人がゲスト出演し、多彩な演目を披露して合奏会に花を添えた。

 糸洌長章実行委員長は「三線は平和のシンボル。八重山から大合奏を声高らかに発信しよう」とあいさつ。中山義隆市長(石垣安志教育長代読)が祝辞を寄せた。

 昨年9月から三線を始めて今回初参加の北井ひまりさん(大浜小4年、10)は「緊張はしなかったが、『でんさ節』で少し間違えてしまった。たくさんの人と合わせるのは難しかった。コンクールで合格するのが目標。来年も(大合奏会に)参加したい」と語った。

 「さんしんの日」は、1993年にRBCが主催して沖縄本島で始まり、八重山では市文化協会が音頭を取って2001年から開催。ことしで19回目を迎える。

関連記事

地元産で「甘夏」シャーベット

 田原市内で盛んに生産されている「甘夏」を使ったシャーベットを、同市蔵王山展望台の蔵王パノラマカフェが25日から売り出す。価格300円税込みで、限定約1000食、9月中旬頃までの販売を見込む。  ...

紀伊民報社

紅紫色の梅新品種 「ミスなでしこ」海外へ

 果皮が紅紫色の梅の新品種「ミスなでしこ」が今季、香港で販売される。初の海外進出で、農家らは国内外での消費拡大につながると期待を寄せる。  ミスなでしこは紅紫色の小梅と主力品種「南高」の交雑種で...

荘内日報社

日沿道酒田みなと―遊佐比子間 5.5㌔20年度まで開通

 国土交通省酒田河川国道事務所は23日、建設中の日本海沿岸東北自動車道(日沿道)酒田みなと―遊佐間12㌔のうち、酒田みなとインターチェンジ(IC)―遊佐比子IC(仮称)間5・5㌔について、2020年度までに開...

宇部日報社

山口市名田島で麦の収穫始まる

 麦の穂が黄金色に輝く「麦秋」を迎え、県内有数の産地として知られる山口市南部地域で収穫作業が始まっている。    名田島地域では22日、畑を走るコンバインがエンジン音を響かせ、青空に向かって真っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク