全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

厚真の断水 復旧のめど立たず

ルーラルビレッジで続く水道管の復旧作業=22日午後4時20分ごろ

 21日夜発生した胆振地方中東部を震源とした地震で、最大震度6弱を観測した厚真町の豊沢地区では、水道管からの水漏れによるとみられる断水が続いている。徐々に回復しているものの、今もなお60戸以上で水が使えない。町は急ピッチで復旧作業を進めているが、断水解消のめどは立っていない。

 町によると、町職員と作業員10人体制で復旧作業を展開中。水道管の破損箇所を特定するのに時間がかかっている。23日午前10時時点で、移住者向けの分譲地「ルーラルビレッジ」の67戸は今も断水している。

 ルーラルビレッジは昨年9月の胆振東部地震で地面に亀裂が入り、液状化も起きた。水道管の被害も大きく、復旧までに1カ月以上の時間を要した経緯がある。

 町建設課上下水道グループによると、水道管は約1メートル20センチの深さに敷設されている。冬期間で地中が80センチほど凍っている上、漏れている水が地表に吹き出して来ないことから「破損した場所の特定に時間がかかっている」(同グループ)。

 町では、地区内の移住体験住宅で水やレトルト食品を配給している。同ビレッジに住んでいる40代男性は「前回の地震後も断水を経験したが、水が使えない生活は厳しい。早く復旧してほしい」と願った。

 町内本町のパート従業員の女性(45)は「豊沢地区に住む友人には給水情報が届かず、自分の家に呼んで水をくんでもらった。しっかり情報を伝えてもらいたい」と訴えた。

 22日夜に記者会見した宮坂尚市朗町長は「範囲が広く、管路の長さもあるので、復旧までにまだ時間がかかる」との見方を示した。

関連記事

94歳“最後の最後”の同窓会 帯広大谷女子校第22期生

 帯広大谷高等女学校第22期生(1947年卒)のクラス会が12日、帯広市内のコミュニティーサロン「あがり・框(かまち)」で開かれた。“最後の最後”として行われた会で、今年度に94歳を迎える同窓生...

宇部日報社

見初のシンボルマーク誕生 住民がデザイン「地域盛り上げたい」【宇部】

 見初地域づくり協議会(梅田寛会長)は、地区のシンボルマークを作製した。漢字の「見」をモチーフにしたデザインで、今月から同会の広報紙やチラシなど、関連するさまざまな場面で使用する。  昨年、...

豊橋鉄道、愛されて100年 美博で企画展

 豊橋市美術博物館で13日から「豊橋鉄道100年 市電と渥美線」が開かれる。12日、開場式と内覧会があった。  市内中心部を走る路面電車「東田本線(市内線)」と、新豊橋駅と三河田原駅を結ぶ「渥美...

「クルーズシンポ」開催へ 20日、マティダ市民劇場 効果の最大化図る狙い 2..

 クルーズ船受け入れに対する取り組みや寄港による経済効果などを紹介する「宮古島クルーズシンポジウム」が20日にマティダ市民劇場で開催される。これに先立ち12日、市観光商工課が会見し、多くの市民の来場を...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク