全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

海を守る事業で園児ら植樹

苗木に優しく土をかける女の子(原中央幼稚園で)

 公益財団法人B&G財団宇部海洋クラブ(岡村精二会長)は22日、海を守る植樹教育事業「みんなの森づくり」として、原中央幼稚園(阿部好恵園長)にドングリやナンテンなど150本を植樹した。年長児67人が作業に参加し、小さな苗木で大きな海を守ることを想像しながら園庭に植えた。  B&G財団が2012年から全国各地で取り組んでいる事業。植樹体験を通して自然の役割を学び、環境保全の意識を高めるのが目的。  同クラブのメンバーが事前に耕しておいた園舎と職員室を結ぶ渡り廊下近くの61平方㍍に6種類の苗木を植樹。子どもたちはスコップや割り箸を使って穴を掘り、根の部分を入れて優しく土をかけていた。原田龍一ちゃんは「大きな木になってほしい。ドングリができたら拾いたい」と話していた。  阿部園長は「この4月に新しい園舎に移ったばかりで、木々の緑が園庭に欲しいと思っていたのでありがたい。苗木の成長を子どもたちと見守り、年月がたって落ち葉などが集められるようになったら、遊びや作品づくりに活用したい」と感謝を語った。  岡村会長は「手で土に触れて植物を植える体験が大事。青い海と緑の大地はつながっていることを学んでほしい。山や木々を育てて海を守る活動を広げていきたい」と話していた。  

関連記事

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

21日に新昌寺で鳥居強右衛門の450回忌法要

 1575年にあった「長篠・設楽原の戦い」で長篠城を守ろうと奔走した足軽鳥居強右衛門(とりいすねえもん)の450回忌法要が、墓のある新城市有海の「新昌寺」で21日に営まれる。  強右衛門は長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク