全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

あかね材活用で森林再生を

あかね材の活用を真砂充敏市長(右)に説明する「Boku Moku」のメンバー(19日、田辺市長室で)

 虫害を受けた木材「あかね材」の活用を通じ、熊野の森林再生に取り組む和歌山県田辺市内の事業者によるプロジェクトチームが19日、真砂充敏市長を訪問し、今後の取り組みなどを報告した。真砂市長は「あかね材の周知はもちろん、ビジネスとして成立するよう頑張って」とエールを送った。  あかね材はスギなどに産卵するスギノアカネトラカミキリの幼虫に食害された木材。強度や耐久性に問題はないが、見た目やイメージで敬遠され、安価で取引されやすい。その影響で、林業従事者が減れば、森林の管理が不十分になり、さらに虫害が増える悪循環に陥る。  プロジェクトチーム「Boku Moku」は、市内の植栽業者、製材所、木工所、家具店、建築士、デザイナーらで昨年12月に設立。あかね材を生かした家具の製作・販売、森林環境保全の啓発などに取り組む。賛同した東京の家具メーカーや空間デザイナーらも参画している。  この日はチームの5人と賛同者2人が商品サンプルを持って、市長室を訪問。代表の家具販売業、榎本将明さん(40)は「テーブルなど家具や小物、デザインの力で建築以外の分野でもあかね材の活用を広げ、熊野の山を盛り上げたい」と意気込みを語った。  メンバーの中心は市の人材育成事業「たなべ未来創造塾」の塾生。あかね材の活用は、「塾」の1期生(2016年度)のビジネスプラン作りから生まれた。真砂市長は「プランが速いスピードで具体化している。各分野からメンバーが集まり、市外にも共感が広がっている。行政もできる範囲で応援したい」と期待を寄せた。  チームは、あかね材の周知を図るため、25日にビッグ・ユー(田辺市新庄町)であるイベント「たな博」であかね材を使ったワークショップを開く。4月7、21、22日にも市内のイベントでワークショップを開く。今後、森林の現状を学ぶツアーなども企画する。

関連記事

溶けない「マジック・アイス」

 本格的な夏に向け、豊橋市御園町の「パティスリー モリ」がオープン5周年の20日、「マジック・アイス」を新たに発売した。洋菓子では珍しい葛粉を使い、時間が経ってもポタポタと溶けないアイスで、森貴正...

荘内日報社

酒田南高女子生徒が“舞娘修業”に入門

 いずれも酒田市の「舞娘(まいこ)茶屋 相馬樓」(樓主・新田嘉一平田牧場グループ会長)と、酒田南高校(中原浩子校長)が締結した日本舞踊を中心とした伝統文化伝承、起業家精神を持つ人材の育成に関する協...

紀伊民報社

津波碑ウェブ地図に掲載 過去の教訓伝える

 和歌山県田辺市の津波被害を伝える石碑16基が19日、国土地理院のウェブ地図に掲載された。過去の被災場所を知らせ、教訓を周知する。全国48市区町村の碑が掲載されたが、県内は田辺市のみ。  国土地...

宇部日報社

トラフグの稚魚4万匹放流

 県水産研究センター内海研究部と県栽培漁業公社は19日、山口市の秋穂湾にトラフグの稚魚4万匹を放流した。    放流したフグは体長7㌢ほど。秋穂東の内海栽培漁業センターで採卵・ふ化させ、秋穂西の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク