全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

癒やしのアルパカ広場 横谷温泉旅館が期間限定開設

茅野市北山の横谷温泉旅館敷地内に開設されている「横谷峡アルパカ広場」

 茅野市北山の横谷温泉旅館敷地内に、4月7日までの期間限定で「横谷峡アルパカ広場」が開設されている。富士見町の八ケ岳アルパカ牧場が運営しており、同牧場生まれの雌3頭、雄1頭が暮らす。観光客らに大人気で、昨年12月の開設以来すでに1500人ほどが来場。ふわふわの毛を蓄えたかわいいアルパカに癒やされていくという。

 同旅館では、近くの山の斜面から染み出る水が凍ってできる「氷瀑」を名物にしているが、「冬のもう一つの名物に」とアルパカ広場を発案。同牧場は、来園者が減少する冬場(12~3月)を休園し、スキー場や宿泊施設で短期の移動動物園などを開いているが、休みなしの長期間の移動動物園は初めてだという。

 広場で暮らすアルパカはいずれも生後1~2年。脇腹の刈り残した毛がハート型になったアルパカもおり、バレンタインデーが近いとあって「インスタ映え」が人気を呼びそうだ。

 同広場を管理する飼育担当の石橋濃青さんによると、SNS(インターネット交流サイト)や口コミなどで日に日に来場者が増えており、大半は大人だという。「とても人懐っこいので、ぜひ足を運んで触れ合ってほしい」と話している。

 入場料は一般500円、小学生以下300円、4歳以下無料。餌は1袋100円。別途3000円でアルパカとの散歩(15分程度)も楽しめる。営業時間は午前10時~午後4時(正午~午後1時は昼休憩)。問い合わせは同牧場の石橋さん(080・3570・0931)へ。

関連記事

馬車BAR 夜の街 蹄の音に酔う 本運行を開始 帯広

 夜の帯広市内中心部を周遊する「馬車BAR」の本運行が、22日午後6時にスタートした。乗客は「パッカ、パッカ」という馬の蹄(ひづめ)の音を聞きながら、ビール片手に街の風景を楽しんだ。  十勝...

ミャークフツで思いはせ 歌や踊り、方言話で宮古一色 八重山在宮古郷友会

 第4回ユガイナミャークフツ(愉快な宮古方言)の夕べ(八重山在宮古郷友会主催)が21日夜、石垣市内のホテルで開催され、多くの郷友らが歌や踊り、方言話を通してルーツに思いをはせた。  宮古出身者と...

長野日報社

諏訪湖の竜宮丸 来年引退で27日から感謝イベント

亀の形で親しまれた諏訪湖の遊覧船「竜宮丸」(定員150人、77トン)が老朽化のため来年3月末で引退するのに伴い、運航事業者の諏訪湖観光汽船(諏訪市)は27日から感謝イベントを市湖岸通りの紅やマ...

田原に親子交流館

 渥美半島の玄関口、渥美線三河田原駅前の新たな交流拠点「LaLaGran(ララグラン)」で22日、親子交流館「すくっと」がオープンした。遊びや活動ができ、子育てに関する公共サービスを提供する場で、田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク