全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

癒やしのアルパカ広場 横谷温泉旅館が期間限定開設

茅野市北山の横谷温泉旅館敷地内に開設されている「横谷峡アルパカ広場」

 茅野市北山の横谷温泉旅館敷地内に、4月7日までの期間限定で「横谷峡アルパカ広場」が開設されている。富士見町の八ケ岳アルパカ牧場が運営しており、同牧場生まれの雌3頭、雄1頭が暮らす。観光客らに大人気で、昨年12月の開設以来すでに1500人ほどが来場。ふわふわの毛を蓄えたかわいいアルパカに癒やされていくという。

 同旅館では、近くの山の斜面から染み出る水が凍ってできる「氷瀑」を名物にしているが、「冬のもう一つの名物に」とアルパカ広場を発案。同牧場は、来園者が減少する冬場(12~3月)を休園し、スキー場や宿泊施設で短期の移動動物園などを開いているが、休みなしの長期間の移動動物園は初めてだという。

 広場で暮らすアルパカはいずれも生後1~2年。脇腹の刈り残した毛がハート型になったアルパカもおり、バレンタインデーが近いとあって「インスタ映え」が人気を呼びそうだ。

 同広場を管理する飼育担当の石橋濃青さんによると、SNS(インターネット交流サイト)や口コミなどで日に日に来場者が増えており、大半は大人だという。「とても人懐っこいので、ぜひ足を運んで触れ合ってほしい」と話している。

 入場料は一般500円、小学生以下300円、4歳以下無料。餌は1袋100円。別途3000円でアルパカとの散歩(15分程度)も楽しめる。営業時間は午前10時~午後4時(正午~午後1時は昼休憩)。問い合わせは同牧場の石橋さん(080・3570・0931)へ。

関連記事

荘内日報社

若者が「鶴岡シルク」アピール

 鶴岡の伝統産業の「シルク」をテーマに、地域で伝承されてきた絹文化を生かした新たなまちづくりの創造につなげる「シルクノチカラ2019」が23日(土)午後1時から、鶴岡市の荘銀タクト鶴岡(市文化会館)で開か...

紀伊民報社

豪快に海へダイブ 水陸両用観光バス試乗会

 琵琶湖周辺で水陸両用観光バスツアーを手掛けている「ティアンドティ・コーポレーション」(滋賀県長浜市)が20日、和歌山県田辺市磯間の湊浦漁港で、地元の観光関係者らを対象にした試乗会を開いた。約5...

苫小牧漁協がサケの採卵作業 来春放流へ期待込めて

 苫小牧漁業協同組合の錦多峰さけ・ますふ化場(錦岡)で21日、今季最後のサケの採卵作業が行われた。漁業関係者ら約10人が早朝から、捕獲したサケを選別して人工授精。今季は前年並みの親魚を確保してお...

マレーシアでポートセールス 苫小牧港の機能をアピール

 【マレーシア・クアラルンプール】苫小牧港利用促進協議会(会長・岩倉博文苫小牧市長)が主催する苫小牧港セミナーが20日、海外ポートセールスで訪れたマレーシア・クアラルンプール市のホテルで開かれ、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク