全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

園児と楽しくサッカー交流

園児らと触れ合うTAHARA・FCの大森君(中)=白谷海浜グラウンドで

 田原サッカー協会は18日、田原市白磯の白谷海浜グラウンドでTAHARA・FC(彦坂高司代表)主幹のボールレクリエーション&キッズカップを開催した。市内20の保育園や幼稚園の園児ら約90人が参加し、ボールに触れ合うアトラクションでサッカーの基礎を体験した。  同協会は毎年10月から4カ月かけて市内の保育園などを巡り、クラブのコーチが園児にサッカーを教える活動を継続。この日はその集大成として、子どもたちが一堂に会して楽しくボールを追い掛けた。  交流にはコーチだけでなく、FC所属の小学6年生9人も参加。ボール交換や、だるまさんが転んだや鬼ごっこなどの遊びの要素を取り入れたゲームで芝の上を駆け回った。この春卒業する大森虎次郎君(童浦小6)は「自分自身も勉強になることもあって楽しかった。この中から後輩がたくさん入ってくれたらうれしい」と期待した。  兄・日向君(8)がクラブに所属する中村陽(はる)君(5)は「楽しかった。チームに入りたい」と熱望。母・美里さん(30)は「初めて自分の口からやりたいと言ってくれた。他のお子さんと一緒で楽しいので、溶け込めやすかったと思う」と振り返った。

関連記事

第8回西表島人文化祭 島の魅力を再発見 展示や体験など満喫

 【西表】「文化力は島の力」をサブテーマとした「第8回西表島人(しまぴとぅ)文化祭」(西表島エコツーリズム協会主催)が14日、西表西部の中野わいわいホールで開かれ、販売、展示、体験型など30以上の...

長野日報社

相手の気持ちで「ものづくり」 諏訪市内小中学生がチャレンジショップ

諏訪市教育委員会は14日、市立11小中学校の児童生徒が同市の独自科目「相手意識に立つものづくり科」で作った品物を販売する「チャレンジショップ2019」を初めて市駅前交流テラスすわっチャオを会場に...

豊川市若者ボランティア振り返りの会

 豊川市は14日、若者にボランティアや市民活動への参加を促進するための体験講座「とよかわボラなび2019」の振り返りの会をプリオ(諏訪3)で開いた。  今年は16歳から25歳までの高校生や大学生、...

紀伊民報社

冬の海辺に黄色い花 キノクニシオギク

 和歌山県紀南の海辺で、キノクニシオギク(キク科)が黄色い花を咲かせている。県レッドデータブックで準絶滅危惧に分類されている。  紀伊半島に自生する野生のキクで、シオギクとイソギクの自然交雑群と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク