全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

まち灯り、雪にろうそくの火映え

温もりあふれる灯りが能代の冬を彩った(能代市役所付近で)

 「第20回のしろまち灯(あか)り」は2日、能代市役所さくら庭周辺で開かれた。市民が心を込めて作った「スギ灯り」や紙袋灯明(とうみょう)など約1500個の灯りが会場に並び、温(ぬく)もりあふれる光で能代の冬を彩った。また、豊富なメニューをそろえた屋台村や木のおもちゃのコーナー、コンサートなど多彩な催しを展開、寒さの中でにぎわいを見せた。
 まち灯りは、イベントが乏しい能代の冬を盛り上げ、中心市街地のにぎわい創出につなげようと19年から開催。毎年「木」と「環境」にこだわった灯りで会場を彩っている。主催は農家グループや商店街団体などでつくる実行委員会(能登祐子実行委員長)。
 今回は、子どもから大人まで多くの市民や能代支援学校の生徒が作った1500個の灯りを用意。福岡の「博多灯明」を参考に初めて取り入れた紙袋灯明をはじめ、杉の間伐材をキャンドル台にして廃食用油ろうそくなどを使う従来の「スギ灯り」、大仙市の「夢灯り」、市内の神社や寺院の協力を得て作ったリサイクルろうそくなど、趣向を凝らした灯りがそろった。
 式典で能代支援学校の太鼓演奏などを行った後、午後5時に点灯。灯りを目印に配置して仕上げる「灯りアート」をはじめ、どの灯りも柔らかな光を創出。雪に覆われた会場で、ほっと和む温もりを醸し出した。
 旧議事堂では木のおもちゃやパターゴルフのコーナー、木のペンダントを作る木工体験などを展開したほか、福まめまき、ボイスオブカンパニーM、フェザーのコンサートなども行われ、灯り以外でも和やかなひとときを演出した。
 また、さくら庭には屋台村を設け、ときめきピザやギバサ入り能代うどん、鶴形そば、みそたんぽ、豚汁、あんこう鍋、パン、ドライフルーツなどを販売。寒さの中で特に温かなメニューが人気を集め、にぎわいを見せた。

関連記事

長野日報社

長野県内11年連続で減少 野生鳥獣の農林業被害

2018年度の長野県内の野生鳥獣による農林業被害は7億9500万円で前年度比約4000万円、4・9%減となり、11年連続で減少していることが県のまとめで分かった(速報値)。県鳥獣対策・ジビエ振...

豊橋祇園祭打ち上げ花火大会

 豊橋に夏の訪れを告げる「豊橋祇園祭」同奉賛会主催のハイライト、打ち上げ花火大会が20日夜、豊橋市中心街の豊川河川敷で行われ、東三河最大級の約1万2000発が夜空を華麗に彩った。  心配された雨も...

荘内日報社

NZ交流へビジネスプラン 公益大生が特別授業

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の2、3年生16人が19日、同市の県立酒田光陵高校(鈴木和仁校長)を訪問、「ニュージーランドホストタウン事業を切り口とした地方創生を実現する商品開発」を統一テーマ...

紀伊民報社

新田辺駅、23日利用開始

 JR西日本は、建て替え工事中のJR紀伊田辺駅(和歌山県田辺市湊)のコンコース(通路を兼ねた広場)と構内待合室の利用を23日の始発から開始する。改札は2018年11月から使用している。8月7日に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク