全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

星のやでクモーマミ種まき 竹富保育所の園児ら

 【竹富】小浜島の在来大豆「小浜大豆(方言名・クモーマミ)」の種まきが2日午前、星のや竹富島(本多薫総支配人)で行われた。参加した竹富保育所の園児10人は元気よく種子を植え、大豆の生育を楽しみに待ちわびた。竹富島ではクモーマミの生産農家がなく、星のやが島の伝統食文化復興プロジェクトとして栽培を企画。ことし5月に大豆を収穫後、6月「集落の日」のイベントで島民と豆腐作り体験を計画している。

 クモーマミは小粒ながらも良質でおいしいと評判の大豆だったが、安価な外国産大豆が入ってきたことで一時、栽培が途絶えた。その後、かろうじて残っていた大豆を復活させ、小浜小中学校、八重山農林高校などで試験栽培されている。

 今回の種まきは、星のやが去る1月28日に八重山農林高校から譲り受けた種子4㌔のうち2㌔を使用。施設内の畑で担当スタッフが植え付け方法を説明し、園児や保護者は3班に分かれ種子を植えていった。

 一つ一つ真剣に植え付けする上勢頭優空ちゃん(4)は「皆と種がまけて楽しかった。(大豆から作られる)おいしい豆腐が早く食べたい」と胸を躍らせた。

 本多総支配人は島の子どもたちに島の文化を継承することの大切さを強調。「集落の日に島民を招き、クモーマミから作った豆腐をぜひ食べてもらいたい。今後も、島と共生共栄できる施設を目指し持続的に活動していく」とプロジェクトへの意気込みを語った。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク