全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

スパイバーが開発 カシミヤしのぐ新素材の原毛

 鶴岡市のバイオベンチャー企業のSpiber(スパイバー、関山和秀代表執行役)が、高級毛織物のカシミヤをしのぐ風合いを持つ新素材の原毛を開発した。29日に製造工程とともに報道機関に公開した。保温などの機能性を含めカシミヤ以上の品質と低価格を実現する新素材で、既に国内外のアパレル企業から引き合いがあり、同社は2021年から量産化を目指す。

 スパイバーは、クモの糸などの遺伝子情報を基に合成した構造タンパク質の素材開発を手掛ける。公開した新素材は、欧米の著名ブランドをはじめとするアパレル業界で、動物素材を使わない「アニマルフリー」や脱プラスチックなど環境負荷の少ない素材への関心の高まりを受け、3年前から開発を進めてきた。

 素材の原料となるタンパク質は、独自に設計した遺伝子情報を微生物に組み込み、サトウキビやトウモロコシ、キャッサバなどを由来とする糖分が入った発酵槽で培養して作る。タンパク質を粉末状にしたものを特別な液体に溶かし、独自の技術で多様な繊維、樹脂などにする。

 同社で開いた新素材の説明会で、関山代表執行役は「動物や石油に頼らない高品質で安価な素材へのニーズがあり、この原毛は新たな選択肢になる。従来のアパレル分野だけでなく、幅広い産業への活用が見込まれる」と語った。

カシミヤをしのぐ新素材の原毛を手にする関山代表執行役

 タイに建設する大規模プラントで、21年から原料となるタンパク質の量産化に入り、素材の価格は「カシミヤの半分か、数分の1」(関山代表執行役)を目指す。少量であれば、タイでの量産化を前に市場投入も視野に入れ、本社製造施設の増設も計画する。原毛の新素材については、評判を聞き付けた国内外の2桁のアパレルメーカーから引き合いがあるという。

鶴岡本社にある新素材などのタンパク質発酵培養設備

関連記事

紀伊民報社

大たいまつ製作進む 那智大社で例大祭

 那智勝浦町那智山の世界遺産・熊野那智大社(男成洋三宮司)で、国の重要無形民俗文化財に指定されている例大祭「那智の扇祭り」(7月14日)で使われる大たいまつの製作が進んでいる。  熊野那智大社に...

新鮮野菜求め列 帯広市内サラダ館で「おはよう朝市」

 地元農家が手頃な価格で野菜を販売する「おはよう朝市」が16日午前7時から、帯広市都市農村交流センター「サラダ館」で開かれた。悪天候ながらも多くの来場があり、新鮮野菜を買い求めた。  6月中...

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク