全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

本州最南端の火祭り ポスターでPR

本州最南端の火祭りを知らせるポスター

 南紀串本観光協会はこのほど、和歌山県串本町にある潮岬望楼の芝で1月26日に開催する「本州最南端の火祭り」のポスター100枚とチラシ200枚を作った。町内の観光施設や商店などに掲示している。

 広さ約10万平方メートルの潮岬望楼の芝で害虫を駆除し、新芽の育成を促すために1983年から行われていた芝焼きを、97年から本州最南端の知名度を高め、観光発展の一助にしようとイベント化した。2001年からは「本州最南端の火祭り」の名称で町、町商工会が後援し、さまざまな催しを実施。毎年家族連れやアマチュアカメラマンなど約3千人が訪れにぎわっている。
 当日は午後1時~5時、おでん、たこ焼き、ハンドメードの地元物産などを販売。4時半からは、トビウオのつみれが入った「しょらさん鍋」500食を無料で振る舞う。潮岬節保存会、町トルコ文化協会、串本節保存会による踊りの後、5時からは芋餅1パック2個入り(税込み100円)を限定300パック販売する。
 5時20分からの式典で関係者があいさつし、5時25分ごろ餅まき。5時半から串本古座高校弓道部による火矢射式、演出花火があり、芝焼きが始まる。6時半ごろ終了の予定。雨天や強風の場合は2月2日に延期する。
 駐車場は潮岬観光タワー周辺に5カ所設ける。午後4時40分にJR串本駅からコミュニティーバスが出発。6時20分にタワー横から串本駅行きの臨時バスを運行する。
 観光協会の宇井晋介事務局長は「冬場の数少ないイベントの一つ。たくさんの人に来場してもらいたい。駐車場に限りがあるので、なるべく乗り合わせで来てもらえれば」と話している。
 問い合わせは観光協会(0735・62・3171)へ。

関連記事

久しぶり食の催事 藤丸うまいもの大会 帯広

 「7日間限りのうまいもの大会」が17日、帯広市内の藤丸7階の催し会場で始まった。全国各地の秋の味覚を取りそろえた会場は、名産を買い求める客たちでにぎわっている。23日まで。  毎年恒例のイベ...

長野日報社

下諏訪レガッタ 59クルーが熱戦繰り広げる

ボートの第39回下諏訪レガッタ(下諏訪町、県ボート協会主催、長野日報社など後援)は13日、下諏訪町の下諏訪ローイングパークで開いた。県内各地から59クルーが参加し、性別や年齢、レベルに応じた...

待ち望んだキャンパス

愛大豊橋校舎が歓迎イベント  豊橋市町畑町の愛知大学豊橋校舎で12日、今年4月入学の1年生を対象に「ウェルカムキャンパスフェスタ」が開かれた。新型コロナウイルス感染拡大で前期は1度も通学機会...

豊橋で消防・救急フェスタ

 救急の日(9日)を前に、豊橋市消防本部による「消防・救急フェスタinナイトZOO」が5日、豊橋総合動植物公園(のんほいパーク)であった。来園客は消火や救助活動で出動する車両を見学したほか、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク