全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

レタス収穫本格化 大玉で豊作傾向

レタスを収穫する農家。今年は大玉だという(白浜町中で)

 和歌山県の田辺・西牟婁でレタスの収穫が本格化している。初秋に始める苗の植え付けが長雨と台風の影響で遅れたが、気温が高かったことで早く育ち、遅れを取り戻した。心配された収穫量も、大玉となり豊作傾向。3月上旬まで続く。
 JA紀南指導部によると、管内では白浜町富田地域や日置川地域、すさみ町などの農家約50戸が、水稲の裏作や転作などで計約11ヘクタールの園地で栽培している。
 毎年、苗の植え付けは9月上旬から始まるが、今年は長雨や台風の影響でほとんどの農家が植え付けができなかったり、植え付けても被害に遭ったりした。10月になって植え付け、収穫開始は12月に入ってからの予想だったが、天候が良く、気温が高く推移したことで早く育ち、例年通り11月中に始めることができた。
 12月に入って本格化。全国的に収穫が集中した上、大玉となっていることで、安値傾向という。
 市場への出荷だけでなく、特定の業者向けに出荷する農家もいる。スーパーマーケットやコンビニエンスストアに出荷する「カット野菜」用で、価格は作柄に関わらず一定している。本年度は生産者のうち18戸が取り組んでいる。
 JA紀南レタス部会長の山本孝一さん(57)=白浜町中=もその一人。年内の収穫は業者向けだ。24日も自宅近くの畑で朝から収穫した。「今年は大玉となり、市場値は安いが、業者向けはいい。しかし、年明けからは市場出荷になる。豊作はありがたいが、農家、消費者の両方にとってよい価格になればと思う」と複雑な表情を浮かべる。

関連記事

長野日報社

すわっこランド400万人 開館15年目

 諏訪市豊田の温泉・温水利用型健康運動施設「すわっこランド」で15日、オープン以来の入館者数が累計400万人を達成した。幸運な入館者は松本市の女性。金子ゆかり諏訪市長から達成証明証と同施設利用...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

紀伊民報社

地元消防と連携強化 白浜空港消防隊

 南紀白浜空港(和歌山県白浜町)の消防隊と同町を管轄する町消防本部が、連携を深めている。空港を運営する南紀白浜エアポートは、この連携が空港消防隊のレベルアップにつながるほか、事故や災害時への備え...

荘内日報社

庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方

 酒田市八幡地域・大沢地区の地域おこし協力隊員、阿部彩人さん(38)=同市大蕨=が中心になり、庄内地方の観光スポットとバスの安全な乗り方を庄内弁で紹介するミュージックビデオを制作し、動画配信サイトな...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク