全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

レタス収穫本格化 大玉で豊作傾向

レタスを収穫する農家。今年は大玉だという(白浜町中で)

 和歌山県の田辺・西牟婁でレタスの収穫が本格化している。初秋に始める苗の植え付けが長雨と台風の影響で遅れたが、気温が高かったことで早く育ち、遅れを取り戻した。心配された収穫量も、大玉となり豊作傾向。3月上旬まで続く。
 JA紀南指導部によると、管内では白浜町富田地域や日置川地域、すさみ町などの農家約50戸が、水稲の裏作や転作などで計約11ヘクタールの園地で栽培している。
 毎年、苗の植え付けは9月上旬から始まるが、今年は長雨や台風の影響でほとんどの農家が植え付けができなかったり、植え付けても被害に遭ったりした。10月になって植え付け、収穫開始は12月に入ってからの予想だったが、天候が良く、気温が高く推移したことで早く育ち、例年通り11月中に始めることができた。
 12月に入って本格化。全国的に収穫が集中した上、大玉となっていることで、安値傾向という。
 市場への出荷だけでなく、特定の業者向けに出荷する農家もいる。スーパーマーケットやコンビニエンスストアに出荷する「カット野菜」用で、価格は作柄に関わらず一定している。本年度は生産者のうち18戸が取り組んでいる。
 JA紀南レタス部会長の山本孝一さん(57)=白浜町中=もその一人。年内の収穫は業者向けだ。24日も自宅近くの畑で朝から収穫した。「今年は大玉となり、市場値は安いが、業者向けはいい。しかし、年明けからは市場出荷になる。豊作はありがたいが、農家、消費者の両方にとってよい価格になればと思う」と複雑な表情を浮かべる。

関連記事

宇部日報社

感謝弁当で恩師を接待

 山口県山陽小野田市の厚狭高(徳田充校長)総合家庭科3年生は17日、松花堂弁当を作り教職員38人に振る舞った。卒業を間近に控えた生徒による恒例行事で、授業で学んだ知識と技術で地元の食材と向き合い...

トムラウシ山野営指定地にトイレ増設 新得

 大雪山系トムラウシ山(2141メートル)の環境改善に取り組む「環境対策部会」(部会長・小西則幸新得山岳会長)の会合が15日、新得町役場庁舎で開かれた。来年度は野営指定地での携帯トイレブースを増設...

長野日報社

平穏祈り恵方に矢 長野県諏訪地方各地で「山の神祭」

 諏訪地方の各地で17日、山の安全や地域の無事平穏を祈る「山の神祭」があった。下諏訪町第三区は町内の国道142号沿いにある山の神社で行い、区役員や町内会長をはじめ区民約70人が参加。手作りの弓矢を...

紀伊民報社

昔話の小説に再注目 06年に自費出版

 2006年に自費出版された昔話のパロディー小説「むかしむかしから」が、一部の読者の間で「時代を先取りしていた」と静かな話題になっている。桃太郎や金太郎、浦島太郎ら昔話の登場人物が勢ぞろいしたテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク