全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スノーボード1級合格 新得屈足南小6年大内さん

1級合格を喜ぶ大内さん

 屈足南小6年の大内理瑚さん(12)が、SAJ(全日本スキー連盟)公認のスノーボード級別検定会で1級に合格した。今年度の管内では、ただ一人の合格者。小学生が1級に合格するハードルは高く、過去10年でも管内5人という難関を突破し、スキー仲間から温かい祝福が送られている。

 1級は基準70点以上のショートターンやミドルターン、フリーランの3種目を行い、合計300点で審査。210点以上が合格基準となる。大人と変わらず斜度20度のコースを約200メートル滑走し、高い技術点と完成度が要求される。

 2月18日、新得山スキー場で行われたSAJの1級試験には、大内さん1人が挑戦。3種目とも基準点を大きく上回って合格した。指導するNPO法人サホロスポーツクラブ(小関和也校長)の吉野進主任検定員(61)は「スピード力があり、ボードコントロール感覚もいい。小学生離れしている」と力強い滑りをたたえた。

 大内さんは小学3年のときから、兄姉3人の刺激を受けてスノーボードを始めた。級別試験の2級に昨年初めて挑戦して合格。今シーズンは週末を中心に冬休みは毎日、新得山で1回約4時間のトレーニングを積んだ。「練習はきつかったが、1級を取りたかった」と地道な努力で目標を達成した。

 将来は「スノーボードのインストラクターになりたい」と夢を描く。小関校長(58)は「今後の成長が楽しみ。大内さんの1級合格に刺激を受け、来年挑戦したいと希望する生徒も出てきた」と喜んでいる。

関連記事

長野日報社

夏休みの思い出を新聞に 長野日報社で親子体験

 長野日報社は17日、小学生と保護者を対象にした「夏休み思い出写真新聞づくり」を諏訪市高島3の本社で開いた。諏訪地方から8組の親子が参加。家族で訪れた海水浴や旅行の写真を持ち寄り、A3判の“オリ...

視覚障がい者自立支援協会「ビギン」10周年

 今年、設立10周年を迎えた、東三河視覚障がい者自立支援協会「ビギン」(服部めぐみ代表)は10月20日午後1時から3時半まで、豊橋市総合福祉センター「あいトピア」を会場に、「ビギン10周年記念式典」を開催す...

荘内日報社

地元役者 迫真の演技に拍手

 鶴岡市温海地域の戸沢地区に伝承されている「戸沢花胡蝶歌舞伎」の公演が16日、地元の戸沢自治公民館で行われた。地元住民ほか市内の児童館に通う小学生も観劇に訪れ、約70人の観客が地元役者の2時間にも及ぶ熱...

紀伊民報社

5日ぶりのにぎわい 台風一過の白良浜

 盆休み終盤の17日、台風一過で和歌山県白浜町の白良浜海水浴場は朝から、多くの海水浴客でにぎわった。台風接近により13~16日は遊泳禁止だったため、5日ぶりに真夏の光景に戻った。  白良浜ライ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク