全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スノーボード1級合格 新得屈足南小6年大内さん

1級合格を喜ぶ大内さん

 屈足南小6年の大内理瑚さん(12)が、SAJ(全日本スキー連盟)公認のスノーボード級別検定会で1級に合格した。今年度の管内では、ただ一人の合格者。小学生が1級に合格するハードルは高く、過去10年でも管内5人という難関を突破し、スキー仲間から温かい祝福が送られている。

 1級は基準70点以上のショートターンやミドルターン、フリーランの3種目を行い、合計300点で審査。210点以上が合格基準となる。大人と変わらず斜度20度のコースを約200メートル滑走し、高い技術点と完成度が要求される。

 2月18日、新得山スキー場で行われたSAJの1級試験には、大内さん1人が挑戦。3種目とも基準点を大きく上回って合格した。指導するNPO法人サホロスポーツクラブ(小関和也校長)の吉野進主任検定員(61)は「スピード力があり、ボードコントロール感覚もいい。小学生離れしている」と力強い滑りをたたえた。

 大内さんは小学3年のときから、兄姉3人の刺激を受けてスノーボードを始めた。級別試験の2級に昨年初めて挑戦して合格。今シーズンは週末を中心に冬休みは毎日、新得山で1回約4時間のトレーニングを積んだ。「練習はきつかったが、1級を取りたかった」と地道な努力で目標を達成した。

 将来は「スノーボードのインストラクターになりたい」と夢を描く。小関校長(58)は「今後の成長が楽しみ。大内さんの1級合格に刺激を受け、来年挑戦したいと希望する生徒も出てきた」と喜んでいる。

関連記事

荘内日報社

「ゆどのの山塩」と加工品を開発 温泉ぼんぼの源泉製塩

 鶴岡市熊出の「かたくり温泉ぼんぼ」の源泉を使った山塩「ゆどのの山塩」が開発され1日、記者発表された。強塩温泉を水蒸気の熱で間接的に温め、4日がかりで煮詰め塩にするもので、ミネラル分が多く、味はまろ...

紀伊民報社

海上遊歩道からクジラ

 和歌山県太地町が、森浦湾の一部を網で仕切って小型鯨類を放し飼いにする事業で設置した海上遊歩道が1日、オープンした。海上遊歩道の上から、近くを泳ぐバンドウイルカやハナゴンドウなどを見ることができ...

アニメ「ダイヤのA」と連携 グッズ製作検討、苫小牧をPR-苫小牧市と観光..

 苫小牧市と苫小牧観光協会は、同市の知名度向上へ、人気アニメ「ダイヤのA(エース) actⅡ(アクトツー)」と連携した観光PR事業をスタートさせる。主要な登場人物の中に同市出身のキャラクターがいる...

「ねじのロケット」7号機 今夏打ち上げ MOMO公開 大樹

 町内のベンチャー企業インターステラテクノロジズ(IST、稲川貴大社長)は2日午前11時から、町浜大樹の実験場で、今夏打ち上げ予定の観測ロケット「MOMO(モモ)」7号機を報道陣に初めて公開し...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク