全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

スノーボード1級合格 新得屈足南小6年大内さん

1級合格を喜ぶ大内さん

 屈足南小6年の大内理瑚さん(12)が、SAJ(全日本スキー連盟)公認のスノーボード級別検定会で1級に合格した。今年度の管内では、ただ一人の合格者。小学生が1級に合格するハードルは高く、過去10年でも管内5人という難関を突破し、スキー仲間から温かい祝福が送られている。

 1級は基準70点以上のショートターンやミドルターン、フリーランの3種目を行い、合計300点で審査。210点以上が合格基準となる。大人と変わらず斜度20度のコースを約200メートル滑走し、高い技術点と完成度が要求される。

 2月18日、新得山スキー場で行われたSAJの1級試験には、大内さん1人が挑戦。3種目とも基準点を大きく上回って合格した。指導するNPO法人サホロスポーツクラブ(小関和也校長)の吉野進主任検定員(61)は「スピード力があり、ボードコントロール感覚もいい。小学生離れしている」と力強い滑りをたたえた。

 大内さんは小学3年のときから、兄姉3人の刺激を受けてスノーボードを始めた。級別試験の2級に昨年初めて挑戦して合格。今シーズンは週末を中心に冬休みは毎日、新得山で1回約4時間のトレーニングを積んだ。「練習はきつかったが、1級を取りたかった」と地道な努力で目標を達成した。

 将来は「スノーボードのインストラクターになりたい」と夢を描く。小関校長(58)は「今後の成長が楽しみ。大内さんの1級合格に刺激を受け、来年挑戦したいと希望する生徒も出てきた」と喜んでいる。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク