全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「龍の申し子達の夜」 座談会とミニライブ

真砂充敏市長(左)と及川眠子さんの座談会=11日、田辺市龍神村龍神で

「龍の申し子」を披露するミネハハさん

 和歌山県田辺市龍神村龍神の龍神温泉で11日、座談会とミニライブのイベント「龍の申し子達の夜」(実行委員会主催)があった。和歌山市出身の作詞家、及川眠子さんが高野山や龍神村などをイメージして書き下ろした「龍の申し子」という曲を歌手ミネハハさんが熱唱した。

 龍神温泉郷魅力発見イベント。温泉郷や商店などに灯籠やあんどんを置いて、龍神の魅力をPRする「2018観燈祭」(18日まで)に合わせて開かれ、約100人が来場した。  真砂充敏市長と及川さんによる座談会が、紀州藩主が泊まった国指定有形登録文化財の旅館「上御殿」を開放して行われた。畳の上には地元の和紙作家、奥野誠さんの作品が展示された。  及川さんが、龍神村の自然の美しさをたたえ、真砂市長は過疎や人口減対策などに言及し、イベントなどを通じて地域と関わりのある人を増やしていく政策などを述べた。  座談会に続いてミニライブ「龍の申し子」が披露された。歌手のミネハハさんは神奈川県出身。18歳でデビューしてCMソングの歌い手として知られる。北米のネーティブアメリカンの言葉でミネは水、ハハはほほ笑みの意味。及川さんとは、スタジオの仕事を通じて知り合ったという。  ミネハハさんは来場者に「龍神で歌えることを楽しみにしていた。素晴らしい所。龍は自らの心の中に宿る。一人一人が龍の申し子として目覚めますように」などと語り掛け、透明で包み込むような声で歌った。  同市本宮町から来た石丸美穂子さん(47)は「ミネハハさんの曲をインターネットで聴き、とても感動したので来場した。ライブは迫力満点。心に直接響いた」と話した。

関連記事

豊川もりあげ隊が明石で田植え

 豊川市のNPO法人「豊川いなり寿司で豊川市をもりあげ隊」はこのほど、11月23、24両日にご当地グルメによるまちおこしの祭典「B-1グランプリin明石」が開催される兵庫県明石市で田植えを行った。米は...

紀伊民報社

300人がタイム競う 田辺で遠泳大会

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で16日、遠泳大会「第6回南紀田辺・扇ケ浜オープンウオータースイミング」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)があった。約300人が参加した。  しかし、高波の影響...

竹島水族館で「わたし一肌脱ぎます」展

 脱皮をしたり、他の生物のために懸命になる水生生物をを紹介する企画展「わたし一肌脱ぎます」展が、蒲郡市竹島水族館で開かれている。魚やエビなど9種類を展示している。7月8日まで。  脱皮する生物で...

長野日報社

暗闇に舞うホタルの淡い光跡 辰野の松尾峡

蛍の名所として知られる、長野県辰野町の松尾峡(ほたる童謡公園)で、ゲンジボタルの乱舞が始まった。暗闇の中で淡い光跡を描いて幻想的な風景をつくり出し、訪れる人たちを魅了している。15日には恒例の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク