全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

「龍の申し子達の夜」 座談会とミニライブ

真砂充敏市長(左)と及川眠子さんの座談会=11日、田辺市龍神村龍神で

「龍の申し子」を披露するミネハハさん

 和歌山県田辺市龍神村龍神の龍神温泉で11日、座談会とミニライブのイベント「龍の申し子達の夜」(実行委員会主催)があった。和歌山市出身の作詞家、及川眠子さんが高野山や龍神村などをイメージして書き下ろした「龍の申し子」という曲を歌手ミネハハさんが熱唱した。

 龍神温泉郷魅力発見イベント。温泉郷や商店などに灯籠やあんどんを置いて、龍神の魅力をPRする「2018観燈祭」(18日まで)に合わせて開かれ、約100人が来場した。  真砂充敏市長と及川さんによる座談会が、紀州藩主が泊まった国指定有形登録文化財の旅館「上御殿」を開放して行われた。畳の上には地元の和紙作家、奥野誠さんの作品が展示された。  及川さんが、龍神村の自然の美しさをたたえ、真砂市長は過疎や人口減対策などに言及し、イベントなどを通じて地域と関わりのある人を増やしていく政策などを述べた。  座談会に続いてミニライブ「龍の申し子」が披露された。歌手のミネハハさんは神奈川県出身。18歳でデビューしてCMソングの歌い手として知られる。北米のネーティブアメリカンの言葉でミネは水、ハハはほほ笑みの意味。及川さんとは、スタジオの仕事を通じて知り合ったという。  ミネハハさんは来場者に「龍神で歌えることを楽しみにしていた。素晴らしい所。龍は自らの心の中に宿る。一人一人が龍の申し子として目覚めますように」などと語り掛け、透明で包み込むような声で歌った。  同市本宮町から来た石丸美穂子さん(47)は「ミネハハさんの曲をインターネットで聴き、とても感動したので来場した。ライブは迫力満点。心に直接響いた」と話した。

関連記事

長野日報社

「諏訪湖の日」制定を宣言 諏訪で記念イベント

諏訪湖への関心を高めようと定めた「諏訪湖の日」(10月1日)の普及に向け、諏訪湖創生ビジョン推進会議(沖野外輝夫会長)は23日、諏訪湖の日制定記念キックオフイベントを諏訪市湖岸通りのホテル紅やで...

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

アサギマダラ遠くまで飛んで 宮田村でマーキング講習

長野県宮田村は21日、長距離を旅するチョウとして知られるアサギマダラのマーキング講習を同村新田のアサギマダラの里で行った。村内の小学生ら10人ほどが参加。雨の中を飛んできたアサギマダラ1匹を捕ま...

とよかわ冒険スタンプラリー

 豊川市観光協会(日比嘉男会長)は、県主体で誘客を図る愛知デスティネーションアフターキャンペーンに合わせ、昨年に続いて10月1日から12月22日まで「とよかわ冒険スタンプラリー~集まれ!いなりん探...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク