全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

東京で「エロティック東三河」

伝統文化や農畜産物など魅力紹介  「農業王国・東三河」の農畜産物など、自慢の豊かな食材や加工品、魚介類、伝統文化などを伝えるイベント「エロティック東三河」が24日、東京都港区の六本木ヒルズアリーナで開催され、多くの来場者を集めた。今年の豊川用水通水50周年に合わせ、農業関係者ら賛同者が企画、関係者は「一丸となってやり切りました。2度とできないような大イベントになった」と手応えを話した。  東三河は、豊川用水の恩恵で農業が飛躍的に発展。水に感謝する気持ちを形にしようと、1年前から農業関係者ら異業種の賛同者がイベント開催の準備を進めた。  会場では、朝から夜まで「農と食」「祭」などをテーマに東三河の「美」「魅力」を紹介。祭では、伝統芸能が六本木へ持ち込まれた。

 夕暮れ時から、設楽町の念仏踊り(県の無形民俗文化財)、豊橋市の鬼祭(国重要無形民俗文化財)、東栄町の花祭(同)が行われた。「お祭りステージ」と題した催しは、豊橋ふるさと大使で映画監督の菅原浩志さんが演出を手掛けた。  エロティック東三河をプロデュースした清水貴裕さん(豊橋市)は「日が落ち始めた頃から始まった三つの祭り。その光景は東三河に住む私たちも感激した。菅原監督のおかげで、感謝の気持ちでいっぱい」と話した。  日本の食を支える農家ら担い手を支援しようと、大規模な合コン「街コン」も実施。東三河の男性と東京近郊の女性に出会いの場を提供した。「みんな生き生きしていた」といい、複数のカップルが誕生した。  東三河を知ってもらう趣旨で企画したイベントは、首都圏に在住する東三河出身者にも改めて魅力を理解してもらう狙いもあった。来場者の半数ほどが、思惑通り東三河関係者だったことを喜ぶ清水さん。「当日もハプニングがあり、山あり谷ありだった1年間を象徴するような1日になったが、そのたびに仲間がまとまり、やり切った」と満足感にあふれていた。

関連記事

荘内日報社

人を生かす農業絶やすな/多くの農家と交流感謝 やまがた農業女子ネットワーク..

 県内の女性農業者でつくるやまがた農業女子ネットワーク「あぐっと」による講演会が1日、鶴岡市の山形大学農学部で開かれ、学生44人が講演やワークショップを通じ、就農の課題や現状について考察した。 ...

ヤマメのいずし、樽前養鱒場で製造ピーク「にぎやかな年末彩って」

師走に入り、苫小牧市糸井の樽前養鱒場(石川正剛代表)で、白老町虎杖浜産のヤマメを使ったいずし作りがピークを迎えている。  同養鱒場はニジマスのいずしや薫製「たこでなし」が看板商品だが、尾頭付き...

「40年前のステッカー」好評 配送商品の購入者特典 帯広・平和園

 焼肉の平和園(帯広市、新田隆教社長)は、自社オンラインショップなどでのギフト商品拡充を記念し、購入者対象に期間限定で40年前から保管してきた平和園オリジナルステッカーを贈呈するサービスを行ってお...

宇部日報社

カタログギフト「ぶちうま!山口」がリニューアル

 県産原料100%をコンセプトとしたカタログギフト「ぶちうま!山口」が5年ぶりにリニューアルし、1日から販売を開始した。掲載商品は全197品。AR(拡張現実)で掲載商品を使った料理を見られる機能...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク