全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

胆振東部地震の倒木搬出始まる 材木や燃料に活用-厚真

倒木の搬出作業が始まった厚真町幌内の現場

 胆振東部地震で山林の土砂崩れが広範囲で起きた厚真町で、押し流された倒木を再利用するための搬出作業が始まっている。国や道は運び出すことで復旧工事の効率化を図るとともに、木材や燃料として有効活用していく。

 厚真町幌内地区の日高幌内川の周辺で19日から、苫小牧広域森林組合が搬出作業を始めた。倒木は主にカラマツやナラなどで、作業員が重機を使ってトラックに積み込み、むかわ町穂別にある同組合の工場に運び込んでいる。そこで荷台になるパレットの材木や梱包材にしていくという。

 枝や土砂に埋もれていたために汚れなどがあって製材に使えない倒木は現場や工場で選別され、機械で細かく砕いて「チップ」にする。バイオマス燃料などに活用される。

 幌内の現場では、搬出する倒木は約3800立方メートルあるとされ、作業は年末まで続く見通し。同組合の松田明仁統括課長は「せっかくの資源なので、最大限に有効活用したい」と話している。

 道によると今後、道路や農地に流された倒木の撤去作業も始めていくとしている。

関連記事

郡内各地で「十六日祭」 親族ら墓前に集い先祖供養

 後生(グソー)の正月と言われる旧暦1月16日の伝統行事「十六日祭」が20日、郡内各地の墓地で行われた。  郡内の各学校は午後から休みとなり、墓前には家族や親戚が集い、ごちそうを詰めた重箱や酒な...

長野日報社

にぎわい回復期待 アーク諏訪「ツルヤ」開店

 諏訪市のJR上諏訪駅東口開発事業で建設した商業ビル「アーク諏訪」1階に21日、核店舗で諏訪地域初進出となるスーパー「ツルヤ」(小諸市)の上諏訪店が開店した。2階にはテナントとして3店舗が同時...

豊橋市民病院の手術センター棟が完成

 豊橋市民病院で21日、手術センター棟の完工式が開かれた。外科手術とカテーテル治療が同時にできる「ハイブリッド手術室」と、内視鏡手術室の計3室を増設、より高度で安全な医療ができるようになった。緊急手...

紀伊民報社

「木」主題に本を展示 「木育キャラバン」にちなみ

 和歌山県田辺市新庄町のビッグ・ユー内にある県立紀南図書館は館内入り口近くで、「木」を主題に自然に関する本を集めた展示をしている。23、24日にビッグ・ユーで開かれる催し「木育キャラバン」(実行...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク