全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

胆振東部地震の倒木搬出始まる 材木や燃料に活用-厚真

倒木の搬出作業が始まった厚真町幌内の現場

 胆振東部地震で山林の土砂崩れが広範囲で起きた厚真町で、押し流された倒木を再利用するための搬出作業が始まっている。国や道は運び出すことで復旧工事の効率化を図るとともに、木材や燃料として有効活用していく。

 厚真町幌内地区の日高幌内川の周辺で19日から、苫小牧広域森林組合が搬出作業を始めた。倒木は主にカラマツやナラなどで、作業員が重機を使ってトラックに積み込み、むかわ町穂別にある同組合の工場に運び込んでいる。そこで荷台になるパレットの材木や梱包材にしていくという。

 枝や土砂に埋もれていたために汚れなどがあって製材に使えない倒木は現場や工場で選別され、機械で細かく砕いて「チップ」にする。バイオマス燃料などに活用される。

 幌内の現場では、搬出する倒木は約3800立方メートルあるとされ、作業は年末まで続く見通し。同組合の松田明仁統括課長は「せっかくの資源なので、最大限に有効活用したい」と話している。

 道によると今後、道路や農地に流された倒木の撤去作業も始めていくとしている。

関連記事

長野日報社

経験少なく戸惑い 大雪時のチェーン装着義務化

 積雪による車両立ち往生を解消するため、大雪特別警報が発表される規模の大雪時に、特定の区間内でタイヤチェーン装着が義務付けられる。全国13区間が指定になり、県内では上信越道の信濃町インターチェンジ...

元五輪選手がバドミントン教室

新城八名小で町田さん指導  日本代表選手としてバルセロナオリンピックなどに出場した町田文彦さん(49)によるバドミントン技術講習会が16日、新城市立八名小学校で開かれた。新城クロスミントン協会(酒井...

サンタ姿で帯広市内行進 子どもたちにプレゼント

 サンタクロース姿で街中を行進し、闘病中などの子どもたちにクリスマスプレゼントを贈るチャリティーイベント「Hokkaido Santa Run inとかち 2018」が15日、帯広市中心部で行...

長野日報社

輝く冬の長谷に感動 大きなXマスツリー登場

 伊那市長谷の道の駅「南アルプスむら長谷」に15日、大きなクリスマスツリーがお目見えした。都市住民に長谷地区の魅力を体感してもらうモニターツアーが同日から2日間の日程で始まり、1都4県からの参...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク