全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

防災グッズ作り12年 上富田ふれあいルーム

防災教育で「防災バンダナで巾着作り」に参加した児童ら(上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町朝来の児童館で毎週土曜、地元小学生を対象に開かれる「上富田ふれあいルーム」。阪神大震災の被災者で防災士の幾島浩恵さん(48)=上富田町朝来=が講師になって12年、防災グッズの手作りを中心にした防災教育が定着した。児童たちは楽しく遊びながら防災を学んでいる。

 幾島さんが考案した防災教育の年間計画は、内閣府の「防災教育チャレンジプラン」に2年連続の採択が決まり、2017年度に引き続き、18年度も防災教育の講座を開くことが決まった。採択は3回目になる。  ふれあいルームは1回2時間で毎回テーマを変えている。その多くが防災教育の内容で、グッズ作りやゲームをして防災教育につなげている。  3日のテーマは「あっそ防災バンダナで巾着を作ろう」。普段は巾着として使い、被災時の避難所でバンダナとして活用するもの。バンダナの無地に各自「お手伝いできる内容」「配慮してほしい内容」を書き込み、避難所の助け合いが進むようにしたいという。  幾島さんは阪神大震災当時、耳が聞こえない被災者から避難所でどうしていいか分からなく困ったという話を聞いた。「避難所ではヘルパー資格があるとか、手話ができるとかお手伝いできる内容を示してほしい。逆に足が痛いとか耳が聞こえないとか要援助であることを知ってもらうことも重要。助けたり、助けられたりしやすい環境にしよう」と話した。  この後、バンダナを糸で縫って巾着にする方法を指導。児童たちは見よう見まねで作業した。小学1年から毎週参加している朝来小5年の中嶋涼葉さんは「毎回、手作りするのが楽しい」と話した。

関連記事

ポリネシア先住民族のダンサー ウポポイ 炎の演舞披露 白老

ポリネシアの先住民族にルーツを持つ米ハワイ出身のダンサー、デビット・ナレアイさん(45)とバイソン・ナレアイ(25)さんが24日、白老町若草町の民族共生象徴空間(ウポポイ)を訪れ、南洋のサモア諸島...

荘内日報社

土砂災害や河川氾濫に厳重警戒 「大雨特別警報」酒田、鶴岡、遊佐で避難指示

 梅雨前線の影響で大気が不安定となり庄内地方は25日、雷を伴った激しい雨が降り続いた。この雨で土砂災害の危険度が高まったとして気象庁は同日午後1時5分、酒田市と遊佐町に警戒レベル5に当たる「大雨特別警報...

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

宇部日報社

原小出身の三戸選手が2発、パリ五輪サッカー男子の初戦勝利に貢献、市役所で..

 パリ五輪のサッカー男子は25日(現地時間24日)、1次リーグが始まり、D組の日本は宇部市出身の三戸舜介選手(21)の2ゴールなどでパラグアイに5-0で快勝した。南米の難敵を相手に1次リーグ突...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク