全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

防災グッズ作り12年 上富田ふれあいルーム

防災教育で「防災バンダナで巾着作り」に参加した児童ら(上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町朝来の児童館で毎週土曜、地元小学生を対象に開かれる「上富田ふれあいルーム」。阪神大震災の被災者で防災士の幾島浩恵さん(48)=上富田町朝来=が講師になって12年、防災グッズの手作りを中心にした防災教育が定着した。児童たちは楽しく遊びながら防災を学んでいる。

 幾島さんが考案した防災教育の年間計画は、内閣府の「防災教育チャレンジプラン」に2年連続の採択が決まり、2017年度に引き続き、18年度も防災教育の講座を開くことが決まった。採択は3回目になる。  ふれあいルームは1回2時間で毎回テーマを変えている。その多くが防災教育の内容で、グッズ作りやゲームをして防災教育につなげている。  3日のテーマは「あっそ防災バンダナで巾着を作ろう」。普段は巾着として使い、被災時の避難所でバンダナとして活用するもの。バンダナの無地に各自「お手伝いできる内容」「配慮してほしい内容」を書き込み、避難所の助け合いが進むようにしたいという。  幾島さんは阪神大震災当時、耳が聞こえない被災者から避難所でどうしていいか分からなく困ったという話を聞いた。「避難所ではヘルパー資格があるとか、手話ができるとかお手伝いできる内容を示してほしい。逆に足が痛いとか耳が聞こえないとか要援助であることを知ってもらうことも重要。助けたり、助けられたりしやすい環境にしよう」と話した。  この後、バンダナを糸で縫って巾着にする方法を指導。児童たちは見よう見まねで作業した。小学1年から毎週参加している朝来小5年の中嶋涼葉さんは「毎回、手作りするのが楽しい」と話した。

関連記事

長野日報社

国道伊南バイパス、リニア県駅まで延伸 期成同盟会設立へ

 飯島町、中川村と下伊那郡松川町、高森町は7月10日、国道153号伊南バイパスを飯田市に設置されるリニア中央新幹線の県駅まで延伸させることを目指し、「国道153号下市田・本郷間改良促進期成同盟会...

豊川特別支援学校と宝陵高校が作業交流

 豊川市大木町の県立豊川特別支援学校本宮校舎(藤井毅校長)の生徒は18日、校舎が併設されている宝陵高校(鈴木眞成校長)の生徒らと作業学習で交流した。  本宮校舎の高等部2、3年から26人、宝陵高校福...

荘内日報社

税負担など公益大生と対話

 自民党の「財政構造のあり方検討小委員会」(委員長・小渕優子元経済産業大臣)の衆院議員5人が17日、酒田市の東北公益文科大を訪れ、「財政に関する大学キャラバン」と題して、小渕委員長(45)=群馬5区=ら...

宇部日報社

地元企業の「ミズコシタロウ」が福島の発電所に採用

 宇部市中山の中村建設(中村廣義社長)の濁水処理装置「ミズコシタロウ」が、福島県いわき市勿来(なこそ)に建設が進む石炭ガス化複合発電(IGCC)設備を使った火力発電所の汚濁冷却水処理システムに採...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク