全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

防災グッズ作り12年 上富田ふれあいルーム

防災教育で「防災バンダナで巾着作り」に参加した児童ら(上富田町朝来で)

 和歌山県上富田町朝来の児童館で毎週土曜、地元小学生を対象に開かれる「上富田ふれあいルーム」。阪神大震災の被災者で防災士の幾島浩恵さん(48)=上富田町朝来=が講師になって12年、防災グッズの手作りを中心にした防災教育が定着した。児童たちは楽しく遊びながら防災を学んでいる。

 幾島さんが考案した防災教育の年間計画は、内閣府の「防災教育チャレンジプラン」に2年連続の採択が決まり、2017年度に引き続き、18年度も防災教育の講座を開くことが決まった。採択は3回目になる。  ふれあいルームは1回2時間で毎回テーマを変えている。その多くが防災教育の内容で、グッズ作りやゲームをして防災教育につなげている。  3日のテーマは「あっそ防災バンダナで巾着を作ろう」。普段は巾着として使い、被災時の避難所でバンダナとして活用するもの。バンダナの無地に各自「お手伝いできる内容」「配慮してほしい内容」を書き込み、避難所の助け合いが進むようにしたいという。  幾島さんは阪神大震災当時、耳が聞こえない被災者から避難所でどうしていいか分からなく困ったという話を聞いた。「避難所ではヘルパー資格があるとか、手話ができるとかお手伝いできる内容を示してほしい。逆に足が痛いとか耳が聞こえないとか要援助であることを知ってもらうことも重要。助けたり、助けられたりしやすい環境にしよう」と話した。  この後、バンダナを糸で縫って巾着にする方法を指導。児童たちは見よう見まねで作業した。小学1年から毎週参加している朝来小5年の中嶋涼葉さんは「毎回、手作りするのが楽しい」と話した。

関連記事

ほくほく秋の恵み 大ぶりメークイン 大正まつり

 秋分の日の23日、帯広の代表的な収穫祭「メークインまつり」(JA帯広大正主催)が、帯広市大正町ふれあい広場で開かれた。あいにくの雨にもかかわらず、ジャガイモの詰め放題を目当てに大勢の来場客で...

長野日報社

能舞台で聴衆魅了 辰野で初の「音楽祭」多彩に

 長野県上伊那郡辰野町と住民が協働で展開する「日本のど真ん中」PRプロジェクトのイベント「能舞台de(で)音楽祭」は22日、同町川島のかやぶきの館の能舞台で開いた。プロの音楽家や地元中学生らが...

餃子づくりで日中親睦

 豊橋地区日中友好協会(鈴木道夫会長)は22日、「中国人留学生と餃子(ぎょうざ)を作る会」を豊橋市本郷地区市民館で開き、日中両国の友好を互いに深め合った。  同協会が毎年実施する恒例の友好事業...

紀伊民報社

集結!クジラ好き芸術家

 和歌山県太地町立くじらの博物館で21日、イルカやクジラを題材とした作品を手掛ける20組の「クジラ好きアーティスト」が全国各地から集まった作品展が始まった。「くじらまみれ」と題した催しで、アーテ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク