全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

署員が「梅」学ぶ 県うめ研究所で研修

うめ研究所が栽培している南高梅の木を見学する田辺署員(24日、みなべ町東本庄で)

 和歌山県田辺署は24日、みなべ町東本庄の県うめ研究所(野畑昭弘所長)で研修会を開き、梅の効能や加工品などについて学んだ。  同署は本年度、地域のことをよく知ろうと、「田辺祭」や「近大マグロ」などをテーマに月1回程度研修をしている。今回は地域の主要産業である梅をテーマに企画した。  署員18人が参加。研究所の大江孝明主任研究員(44)が講師を務めた。  大江研究員は県の栽培面積や収穫量、面積当たりの収量など栽培の概況を説明。「収穫量が1965年から53年連続で全国1位」と紹介した。  また主要品種である南高梅について、名前の由来や特長を説明。「大粒で豊産性があり、美しい赤みを帯びている。皮は薄く実は柔らかいので、梅干しに適している」などと紹介した。  さらに、食べ方や流通の仕組みについても説明した。  署員はメモを取りながら耳を傾け、南高梅のDNAや保存方法など広範囲にわたる質問をした。  その後、外に出て研究所で栽培している南高梅や新品種の木を見学。栽培しやすい方法や肥料の効果的なやり方を学んだ。  同署の榎本寿幸警務課長(45)は「研究所職員の仕事に取り組む姿勢を見て、普段の業務に生かしてほしい」と話した。

関連記事

奄美市が通訳案内ガイド育成へ 外国人まち歩き観光に対応

 鹿児島県奄美市は名瀬市街地で17日、地域通訳案内士を対象とした「まち歩き観光ガイド」育成講座を開催した。クルーズ船の寄港増などによるインバウンド(訪日外国人)も含め、増加が続く旅行者の「まち歩...

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク