全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

秋のきみまち路をランナー疾走

米代川を渡る爽やかな風と住民らの声援を受け、力走するランナー

 能代市二ツ井地域の最大のイベント、きみまちの里フェスティバルは最終日の21日、第24回きみまち二ツ井マラソンが市二ツ井町総合体育館を発着点とするコースで行われた。全国から集結した1740人のランナーが秋晴れの下、沿道の温かい声援を受けながら秋めくきみまち路を軽快に走り抜けた。物産フェアもグルメのはしごや買い物を楽しむ人たちで終日にぎわいを見せ、フェスは盛況のうちに幕を閉じた。

 同フェスティバル実行委員会(会長・斉藤市長)と市が主催。24回目を迎えたマラソンは、北は北海道から南は長崎県まで16都道県の1720人がエントリーし、当日は、男性89歳、女性74歳を最高齢に、オープン参加140人を含め1740人がスタートラインに就いた。
 朝から晴天に恵まれ、絶好のマラソン日和に。開始式で斉藤市長は「目標達成に向けて、二ツ井路を楽しく走り抜けてほしい」と激励。ゲストランナーで、ソウル五輪マラソン日本女子代表の浅井えり子さんが「自分のペースを守って楽しく走って」、カネボウ化粧品陸上競技部の森田知行さんは「最後まで元気にゴールを目指してほしい」とあいさつした。
 競技は4㌔の高校・一般を皮切りに、小中学生、ペア、10㌔が次々にスタートし、午前11時には市街地と米代川対岸の七座山の裾野をコースとするハーフが出発。ゲストランナーの浅井さんは10㌔、森田さんはハーフを走り、市民ランナーと交流した。
 ランナーたちは色づき始めた山々と米代川が織り成す自然豊かなコースを大粒の汗を額に浮かべながら思い思いに快走。沿道には大勢の地域住民や家族らが駆け付け、「頑張れ」「あと少しだよ」などと声援を送っていた。
 また、ゴールの同体育館サブアリーナ前でも住民らが完走したランナーを拍手で迎え、健闘をたたえ合う光景があちこちで見られた。
 実行委によると、1740人中、1653人が完走し、完走率は95・0%。同フェスティバルの来場者数は、初日の20日が3459人、21日は9116人で、2日間で1万2575人だった。

関連記事

ゴルフ場は青々 スキー場やきもき 十勝の初雪遅れ

 11月中旬になっても帯広に初雪の便りが届かず、気温が高めに推移するなど、十勝は暖冬傾向となっている。雪と寒さが不可欠のスキー場は一刻も早い白銀の世界到来を切望。一方、青々とした芝生が健在のゴル...

石垣島の海岸環境調査 野底で沖国大と沖大学生

 沖縄国際大学地域環境政策学科と沖縄大学の学生計5人が16~18日、県のおきなわアジェンダ21提案公募型普及啓発事業の助成を受け、石垣島の海岸環境の状況や環境汚染に対する地域の取り組みなどについて学...

長野日報社

松本山雅がJ2初優勝 4年ぶりJ1昇格

 サッカー明治安田J2リーグ最終第42節の松本山雅FC―徳島ヴォルティス戦は17日、松本市のサンプロアルウィンで行われた。松本山雅は0―0で引き分け、勝ち点は77。2位の大分トリニータが試合終了...

豊橋で2台同時に走らせる自動運転実証実験

 自動運転サービスの実現を目指している愛知県は17日、運転席が無人で遠隔監視・操作が可能な車両を2台同時に走らせる実証実験を豊橋総合動植物公園で始めた。同園のような園内の移動車両、過疎地や高齢化が...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク