全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

紀南の景色や食満喫 サロンカーの旅に80人

JR串本駅でご当地キャラクターの歓迎を受ける乗客(串本町串本で)

 JR紀勢線の和歌山駅―新宮駅間で13、14日、サロンカー「なにわ」で行く「紀伊半島途中下車の旅と本州最南端への旅」があった。京阪神を中心に約80人が乗車し、各駅でご当地キャラクターや平安衣装での歓迎などを受けながら、紀南の景色や食べ物を満喫した。  日本旅行とJR西日本和歌山支社主催。今年は4月、7月に続いて3回目だった。  列車は和歌山駅を出発。乗客は那智勝浦町で那智の滝などを見学した後、温泉宿泊施設に泊まった。翌日は和歌山大学の西川一弘准教授の車内ガイドで新宮駅を出発し、停車した列車から新宮市の王子ケ浜を観賞したり、各駅でご当地キャラクターの出迎えや地元特産品の振る舞いを受けたりした。  串本駅では、ご当地キャラクターのまぐトル(串本町)、瀧之拝太郎(古座川町)、すさみん(すさみ町)と太地町の「いさな太鼓」が出迎えた。南紀串本観光協会や串本町の職員らは「ようこそ南紀串本へ」と書いた横断幕を持って歓迎した。駅前ではサンマずし、めはりずし、地酒など地元食材を使った弁当や土産が販売された。  1983年に改造製造された「なにわ」には、展望車があり、ゆったりと座れると人気。5両編成で、ディーゼル機関車(DD51)がけん引している。  和歌山支社総務企画課の三輪順平さんは「イベントは好評で満席になった。地域と一体となって今後も取り組みを進めていきたい」と話した。  兵庫県宝塚市から参加した70代の夫婦は「白浜より南に来たのは初めて。海岸の景色や新宮での踊りがよかった。車内のガイドもよかった」と喜んでいた。

関連記事

「シマ暮らし楽しんで」 民泊「GAMA屋」オープン 鹿児島県奄美大島龍郷町

 少子高齢化が進む龍郷町(鹿児島県奄美大島)の秋名、幾里地域の活性化を目指し、有志11人でつくる一般社団法人「E,more(いもーれ)秋名」は11日、民泊施設「GAMA(がま)屋」をオープンした...

長野日報社

ぽかぽかハウスでイチゴ狩り 諏訪湖いちご園

 諏訪市豊田のイチゴ狩り施設「諏訪湖いちご園」の今季営業が始まった。好天に恵まれた3日は地元や県外などからの客でにぎわい、暖かいビニールハウスで甘いイチゴを頬張った。  5棟のハウス内で養液...

長野日報社

諏訪湖上から良い年願う 「初日の出号」出航

 諏訪観光協会と諏訪市貸船組合は1日朝、諏訪湖遊覧船「初日の出号」を運航した。長野地方気象台によると、諏訪の最低気温は氷点下8.5度まで下がり、1月下旬並みの寒さ。約200人の家族連れや観光客...

紀伊民報社

本州最南端の火祭り ポスターでPR

 南紀串本観光協会はこのほど、和歌山県串本町にある潮岬望楼の芝で1月26日に開催する「本州最南端の火祭り」のポスター100枚とチラシ200枚を作った。町内の観光施設や商店などに掲示している。 ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク