全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

紀南の景色や食満喫 サロンカーの旅に80人

JR串本駅でご当地キャラクターの歓迎を受ける乗客(串本町串本で)

 JR紀勢線の和歌山駅―新宮駅間で13、14日、サロンカー「なにわ」で行く「紀伊半島途中下車の旅と本州最南端への旅」があった。京阪神を中心に約80人が乗車し、各駅でご当地キャラクターや平安衣装での歓迎などを受けながら、紀南の景色や食べ物を満喫した。  日本旅行とJR西日本和歌山支社主催。今年は4月、7月に続いて3回目だった。  列車は和歌山駅を出発。乗客は那智勝浦町で那智の滝などを見学した後、温泉宿泊施設に泊まった。翌日は和歌山大学の西川一弘准教授の車内ガイドで新宮駅を出発し、停車した列車から新宮市の王子ケ浜を観賞したり、各駅でご当地キャラクターの出迎えや地元特産品の振る舞いを受けたりした。  串本駅では、ご当地キャラクターのまぐトル(串本町)、瀧之拝太郎(古座川町)、すさみん(すさみ町)と太地町の「いさな太鼓」が出迎えた。南紀串本観光協会や串本町の職員らは「ようこそ南紀串本へ」と書いた横断幕を持って歓迎した。駅前ではサンマずし、めはりずし、地酒など地元食材を使った弁当や土産が販売された。  1983年に改造製造された「なにわ」には、展望車があり、ゆったりと座れると人気。5両編成で、ディーゼル機関車(DD51)がけん引している。  和歌山支社総務企画課の三輪順平さんは「イベントは好評で満席になった。地域と一体となって今後も取り組みを進めていきたい」と話した。  兵庫県宝塚市から参加した70代の夫婦は「白浜より南に来たのは初めて。海岸の景色や新宮での踊りがよかった。車内のガイドもよかった」と喜んでいた。

関連記事

人気の竹島水族館で年間入館者45万人突破

3組の親子に幸運  蒲郡市竹島水族館の年間入館者数が21日、45万人を突破した。今年度は1978(昭和53)年度に統計を初めて以来最多のペース。45万人目の親子にプレゼントを贈った小林龍二館長は「来館し...

紀伊民報社

灯籠300個河原彩る 観燈祭で撮影会

 和歌山県田辺市龍神村の龍神温泉で、温泉街を灯籠で彩る「観燈祭」が開かれている。17日まで。  冬季に観光客を呼び込もうと龍神観光協会が催す恒例イベント。期間中、龍神温泉街のほか、村内の民宿や飲...

一面の雪原キャンバス 一日がかり足跡アート 中札内

 雪原にミステリーサークル!? 中札内村のとある場所に幾何学模様が出現した。上から見ると、まるでアート作品のようだ。  村の地域おこし協力隊の梶山智大さん(33)が2月下旬に300メートル×4...

紀伊民報社

好天に漂う梅の香り 南部梅林

 天候に恵まれた3連休中日の10日、和歌山県みなべ町晩稲の南部梅林は多くの家族連れらでにぎわった。花は五分咲きで、ばらつきがあるが、満開に近い木もある。次の週末に見頃を迎えそうだ。  世界農業遺...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク