全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

紀南の景色や食満喫 サロンカーの旅に80人

JR串本駅でご当地キャラクターの歓迎を受ける乗客(串本町串本で)

 JR紀勢線の和歌山駅―新宮駅間で13、14日、サロンカー「なにわ」で行く「紀伊半島途中下車の旅と本州最南端への旅」があった。京阪神を中心に約80人が乗車し、各駅でご当地キャラクターや平安衣装での歓迎などを受けながら、紀南の景色や食べ物を満喫した。  日本旅行とJR西日本和歌山支社主催。今年は4月、7月に続いて3回目だった。  列車は和歌山駅を出発。乗客は那智勝浦町で那智の滝などを見学した後、温泉宿泊施設に泊まった。翌日は和歌山大学の西川一弘准教授の車内ガイドで新宮駅を出発し、停車した列車から新宮市の王子ケ浜を観賞したり、各駅でご当地キャラクターの出迎えや地元特産品の振る舞いを受けたりした。  串本駅では、ご当地キャラクターのまぐトル(串本町)、瀧之拝太郎(古座川町)、すさみん(すさみ町)と太地町の「いさな太鼓」が出迎えた。南紀串本観光協会や串本町の職員らは「ようこそ南紀串本へ」と書いた横断幕を持って歓迎した。駅前ではサンマずし、めはりずし、地酒など地元食材を使った弁当や土産が販売された。  1983年に改造製造された「なにわ」には、展望車があり、ゆったりと座れると人気。5両編成で、ディーゼル機関車(DD51)がけん引している。  和歌山支社総務企画課の三輪順平さんは「イベントは好評で満席になった。地域と一体となって今後も取り組みを進めていきたい」と話した。  兵庫県宝塚市から参加した70代の夫婦は「白浜より南に来たのは初めて。海岸の景色や新宮での踊りがよかった。車内のガイドもよかった」と喜んでいた。

関連記事

画面越し十勝ツアー 自粛で減収 補てん策 産品送り気分演出

 新型コロナウイルスの影響が長引く中、十勝管内の観光・運輸業者の一部に、オンライン上で観光や農作業を楽しむ疑似ツアーを開催する動きが出ている。夏場から収穫の秋にかけて十勝は、本来なら観光の稼ぎ時だ...

紀伊民報社

ごまさんスカイタワーが新メニュー

 和歌山県田辺市龍神村の高野龍神スカイライン沿いにある道の駅「田辺市龍神ごまさんスカイタワー」は、ケーキやハンバーガーを独自に開発して利用客にPRしている。  展望レストランのスタッフが、新型...

豊橋のハウス栽培「次郎柿」収穫出荷

 豊橋市石巻地区で、温室栽培した次郎柿の収穫が始まった。今年も甘みたっぷりで、シャキシャキとした歯ごたえが味わえるという。  市内では露地栽培ものより早い収穫と出荷をするために、1980年か...

「狩勝電鉄」が試運転 りくべつ鉄道で 増田さん自作

 旧ふるさと銀河線の気動車や線路を活用した観光施設「ふるさと銀河線りくべつ鉄道」で3日、新得町の狩勝高原エコトロッコ鉄道で8日に運行を開始する手作りトロッコ電車「狩勝電鉄」の車両が試運転を行っ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク