全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

胆振東部地震、復旧作業が本格化 大規模災害の爪痕深く

道路の復旧作業が進む厚真町の土砂崩れ現場=17日午前8時半ごろ、吉野地区(ドローンで撮影)

 胆振東部地震で36人が犠牲になった厚真町の土砂崩れ現場で、道路の復旧作業が本格的に始まった。道路に流れ込んだ大量の土砂を大型重機で取り除くなど作業は進んでいるが、現場では今もなお、土砂に押しつぶされた家屋や水田、なぎ倒された電柱など悲惨な光景が広がり、大規模災害の爪痕を深く残している。

 19人の犠牲者を出した吉野地区では17日、幹線道路を覆った土砂を取り除き、それを運ぶ大型ダンプカーがひっきりなしに走っていた。

 町の市街地と幌内地区を結ぶ道道は、吉野―富里間、富里―幌内間の一部が今も厚さ2~3メートルほどの土砂に覆われ、通行止めの措置が取られている。

 現場では、土砂崩れに押しつぶされた家々がまだ残されたまま。遺族や親族が訪れ、命を落とした人の冥福を祈って手を合わせる光景も続いている。 

飲料水として使用可能に 上厚真地区の一部地域

 厚真町上厚真地区で通水した水道水の安全が一部地域で確認され、17日から飲料水としての使用が可能になった。

 飲料水として使用可能な地区は、豊川、富野、共栄、上厚真、厚和、共和、浜厚真。厚真地区では飲み水としてまだ使用できないが、洗濯などの生活用水には利用できる。

 16日現在で通水しているのは厚真地区1300戸のうち750戸、上厚真地区では700戸のうち570戸。復旧率は66%で、同町は「通水しても飲料水として利用できるようになるまで少し時間がかかる」としている。

安平町の水道復旧率85%に

 安平町の水道の復旧状況は17日現在で、早来地区1617戸、追分地区1450戸の計3067戸となり、復旧率は85%となった。

 通水した水道水に空気が入っているため、白い濁りが見られる場合もあるが、同町は「飲めるので安心してほしい。気になる人はしばらく水を流すことで白い濁りがなくなる」と呼び掛けている。10月上旬の全面復旧を目指している。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク