全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

台風による停電いつまで 不満が募る住民

停電が続く中、小型発電機を触る小川貴史さん(14日夜、田辺市龍神村広井原で)

 台風21号による停電で和歌山県田辺市龍神村広井原で15日正午現在、2世帯が復旧していない。10日間も停電が続く生活に住民は「いつまで続くのか」と不満を募らせている。  広井原は14日朝の時点で4世帯が停電していたが、久保弘明さん(79)方と瀬戸多津子さん(78)方は夕方までに仮復旧。久保さんは「電気がないと心も暗くなりストレスがたまった。ライトや保存食などを日頃から用意しなければ」、子どもと2人で住む瀬戸さんは「夜は仏壇のろうそくをともして生活した。皆さんに助けてもらいありがたかった」と振り返る。  一方、市道から高台にある小川貴史さん(54)方と玉置武彦さん(52)方は15日になっても停電中。両世帯には田辺市から救援物資としてカセットボンベ式の小型発電機が1台ずつ支給されたが、小川さんによると、冷蔵庫や空調などの電気を多く使う製品には使えず、カセットボンベ二つで約2時間が使用限度のため、小川さんは携帯電話とスマートフォンの充電などに使っているという。ともに停電の現状や復旧の見通しについて情報を望んでいる。  高齢の母親と同居している玉置さんも「ずっと停電の生活が続いているので心配している」という。玉置さんによると、自己所有の発電機を使っているが、1日でガソリン約20リットルが必要。高騰している時期だけに出費がかさみ、一日も早い復旧を望んでいる。  停電世帯の近くにある電柱のうち1本が根元から壊れており、関西電力は15日中に電柱を新たに建てるなどして復旧工事を急いでいる。

関連記事

紀伊民報社

かやぶき屋根美しく 熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」

 和歌山県田辺市が同市中辺路町野中の熊野古道沿いの休憩所「とがの木茶屋」で進めていた、かやぶき屋根のふき替え工事が終わった。老朽化で傷みが激しくなっていたためで、ふき替えは15年ぶり。地域住民も...

100年ぶりに復活 苫小牧の正光寺の仏教講座

苫小牧市高砂町の正光寺で月1回、仏教の世界や教えをひもときながら宗教や文化、歴史などを学ぶ「はじめて学ぶ 仏教文化講座」が開かれている。吉井直道住職(32)が、曽祖父で同寺創始者の吉井一行氏が開基...

銀河の湯で「顔認証」 オカモト導入、公共2カ所目 足寄

 オカモト(帯広)は指定管理者を務める足寄町営温泉浴場「銀河の湯あしょろ」の入館管理に「顔認証システム」を導入した。対象となる定期利用者は券を持参しなくても“顔パス”で入れる。公共施設での顔認証導入...

荘内日報社

多収栽培の技術確立 庄内砂丘メロン 1株から5玉収穫に活路 生産農家の収益アッ..

 県庄内総合支庁農業技術普及課産地研究室(酒田市浜中)は、庄内砂丘メロンの多収栽培技術を確立した。1株から5玉(通常は4玉)を収穫する方法で、生産農家の収益を上げることが狙い。これまで緑肉の「アンデス...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク