全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

台風による停電いつまで 不満が募る住民

停電が続く中、小型発電機を触る小川貴史さん(14日夜、田辺市龍神村広井原で)

 台風21号による停電で和歌山県田辺市龍神村広井原で15日正午現在、2世帯が復旧していない。10日間も停電が続く生活に住民は「いつまで続くのか」と不満を募らせている。  広井原は14日朝の時点で4世帯が停電していたが、久保弘明さん(79)方と瀬戸多津子さん(78)方は夕方までに仮復旧。久保さんは「電気がないと心も暗くなりストレスがたまった。ライトや保存食などを日頃から用意しなければ」、子どもと2人で住む瀬戸さんは「夜は仏壇のろうそくをともして生活した。皆さんに助けてもらいありがたかった」と振り返る。  一方、市道から高台にある小川貴史さん(54)方と玉置武彦さん(52)方は15日になっても停電中。両世帯には田辺市から救援物資としてカセットボンベ式の小型発電機が1台ずつ支給されたが、小川さんによると、冷蔵庫や空調などの電気を多く使う製品には使えず、カセットボンベ二つで約2時間が使用限度のため、小川さんは携帯電話とスマートフォンの充電などに使っているという。ともに停電の現状や復旧の見通しについて情報を望んでいる。  高齢の母親と同居している玉置さんも「ずっと停電の生活が続いているので心配している」という。玉置さんによると、自己所有の発電機を使っているが、1日でガソリン約20リットルが必要。高騰している時期だけに出費がかさみ、一日も早い復旧を望んでいる。  停電世帯の近くにある電柱のうち1本が根元から壊れており、関西電力は15日中に電柱を新たに建てるなどして復旧工事を急いでいる。

関連記事

紀伊民報社

「おもちゃ病院」高校生が修理

 和歌山県田辺市あけぼの、田辺工業高校電気電子科3年の生徒が、「おもちゃ病院」に持ち込まれたおもちゃの修理に取り組んでいる。生徒らは「子どもたちにとって、おもちゃは大切な物。直して喜んでもらいた...

スモークウッド「燻助」好評 各方面から注目 厚真町の森林再生にも貢献 イ..

苫小牧市晴海町の総合木材業イワクラが今春発売した薫製用のスモークウッド「燻助(くんすけ)」が各方面から注目を集めている。販売を始めた4月以降、アウトドア愛好家のほか、薫製商品の開発に取り組む道内の...

荘内日報社

全日本おかあさんコーラス東北 総合1位 酒田 コールShion 6年ぶり全国大..

 6月12日に山形市で行われた第45回全日本おかあさんコーラス東北支部大会で、酒田市の女声合唱団「コールShion」(加藤千鶴代表、団員30人)が総合1位に輝き、6年ぶりとなる全国大会(今年8月)の切符を手...

紙のドレス 国際コンで優勝 帯広の現代アート作家加藤さん

 現代アート作家の加藤かおりさん(帯広)が、豪州・タスマニアで開かれた国際的なペーパーアートのコンテスト「Paper on Skin 2022」で優勝した。ほぼ紙のみで作られた、赤色のドレスと青色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク