全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

赤ちゃんパンダに歓声 公開初日で長い列

母親の良浜に抱かれる赤ちゃん(13日、白浜町のアドベンチャーワールドで)

 和歌山県白浜町のアドベンチャーワールドは13日、8月に生まれた雌のジャイアントパンダの公開を始めた。その姿を一目見ようと、施設には開園直後から多くの人が来場した。  午前10時15分、ブリーディングセンター(屋内)のロールカーテンが開き、母親の「良浜(らうひん)」に抱かれた赤ちゃんが公開された。来園者は「かわいい」と歓声を上げ、カメラを親子に向けていた。同センターへ続く道には長い行列ができた。  家族4人で旅行に来ていた三重県四日市市、会社員北川太久磨さん(28)は「赤ちゃんの公開初日に来られたのはラッキーだった。良浜が赤ちゃんを抱いている様子を見て、愛情の注ぎ方は人間と同じなんだなと思って愛らしかった。赤ちゃんには元気に育ってほしい」と話し、長男の弥馬登君(4)は「パンダを見るのは初めて。かわいかった」と笑顔をみせた。  施設によると、赤ちゃんは13日現在で体重731グラム、全長32・5センチ。1日に4、5回計約120ミリリットルの母乳を自力で飲み、成長している。もうすぐ目も開くようになるという。まだ保育器に入っていることも多いが、なるべく親子で過ごす時間を長くするようにしている。  パンダの赤ちゃんの公開は午前10時15分~10時35分と、午後2時40分~3時の1日2回。体調によって時間の変更や中止がある。  施設は13日、赤ちゃんの名前の募集も始めた。ホームページなどから11月16日まで応募できる。  2016年9月に生まれた雌の「結浜(ゆいひん)」の名前の公募には、約5万6500通の応募があった。

関連記事

荘内日報社

ナツメヤシ使い菓子開発

 アラブ首長国連邦(UAE)から来日しているUAE大学農学系の学生らが、鶴岡市覚岸寺の菓子製造販売「木村屋」(吉野隆一社長)の工場内で、中東特産のデーツ(ナツメヤシの実)を使ったオリジナル菓子の開...

紀伊民報社

印南町の教育旅行 海外からの受け入れ増

 和歌山県印南町の教育旅行誘致協議会「いなみかえるの宿」(辻井修会長)は2018年度、国内外から348人の子どもたちを教育旅行で受け入れた。今後も取り組みを進めるため、ホストファミリーを募集して...

宇部日報社

フードバンク事業スタート

 宇部市とNPO法人フードバンク山口は16日から、まだ食べられるのに処分されてしまう食品を回収するポストを市内5カ所に設置し、フードバンク事業を開始した。食品ロスを削減するとともに、児童施設や子...

限定の特大シジミ 大樹・生花苗沼で一日だけの漁

 大樹町内の生花苗沼(オイカマナイトー)で17日、1年に1日だけのヤマトシジミ漁が行われた。漁業者は、殻長が5センチ以上になる特大サイズのシジミを、泥の中から懸命に手で掘り出していた。  大樹...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク