全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

こども七夕 街を彩る

小若灯籠を引く子どもたちの元気な声が響いた「こども七夕」

 第56回こども七夕は2日夜、能代市中心部の国道101号を会場に行われた。アニメやゲームなどのキャラクターをかたどった24基の小若灯籠がずらりと並び、引き手の子どもたちは「わっしょい、わっしょい」と元気な声を響かせながら練り歩き、能代の七夕ウイークの幕開けを告げた。

 NPO法人青年クラブのしろ(加賀次朗理事長)が実行委員会(村越正道委員長)を組織して開催。市役所第4庁舎跡地前交差点から柳町新道交差点までの区間で運行した。
 灯籠は「ミッキーマウス」や「星のカービィ」といったアニメ、ゲームのキャラクターをかたどったもののほか、「秋田犬」や「んだッチ」といった地方色豊かな題材の灯籠も。各自治会・子供会の有志が色合いや形状などに趣向を凝らし、仕事終わりに集まって制作を進め完成させた。
 運行は午後7時にスタート。市役所交差点側から11基、柳町新道交差点側から13基が出発し、向かい合うように進んだ。日が暮れるに連れて色とりどりの灯籠が夜の街に浮かび上がった。会場には七夕囃子(ばやし)と子どもたちの「わっしょい、わっしょい」という元気な声が響き渡り、沿道には大勢の見物客が繰り出して夏祭りの熱気に包まれていた。
 運行に先立ち、「のしろWIND Jr」と「B─blood」のストリートダンス、たなはしあゆこバレエスクールや愛慈幼稚園鼓笛隊、ボランティアスタッフによるパレードも披露。大休止では同バレエスクールとよさこいグループ「美咲華」、「THE ROCKのしろ」のステージが会場を盛り上げた。
 また、市役所交差点側には能代七夕「天空の不夜城」の大型灯籠「愛季(ちかすえ)」を設置して点灯し、見物客の注目を集めた。
 能代の七夕ウイークは今後、天空の不夜城(3、4日)、伝統の役七夕(6、7日)と続く。

関連記事

田原で夏の風物詩「龍宮祭り」

 田原市白谷地区に伝わる盆の伝統行事「龍宮祭り」が15日、白谷海水浴場で行われ、時折、小雨が降る中、漁業関係者や地元住民らが豊漁と海の安全を祈願した。  祭りは漁業が盛んな同地区で江戸時代から続...

北羽新報社

「大人の自覚」を胸に

 能代市と八峰町で14日、成人式が行われた。スーツやドレス、羽織はかまなどで着飾った新成人たちが続々と会場に足を運び、久しぶりに再会する友人たちと共に大人になった自覚を新たにしていた。2市町合わせた...

荘内日報社

世界かんがい施設遺産 庄内町 北楯大堰を登録

 農林水産省は14日、庄内町の北楯大堰が本県の施設では初めて「世界かんがい施設遺産」に登録されたと発表した。世界かんがい施設遺産は、建設から100年以上経過し、かんがい農業の発展に貢献したものや、卓越し...

紀伊民報社

熊楠ゆかりの植物栽培

 和歌山県白浜町の南方熊楠記念館は、熊楠ゆかりの植物「イセハナビ」(キツネノマゴ科)と「ハカマカズラ」(マメ科)の栽培に取り組んでいる。学術スタッフの土永知子さん(58)は「植物を身近に感じて、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク