全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

緑の中を楽しんで ヒマワリ迷路がオープン 帯広

迷路を体験した澤柳さんの家族

 「ひまわり三千坪迷路」が1日、帯広市広野町210にオープンした。ヒマワリは7月の雨の影響でまだ咲いていないものの、夏休み中の子どもや観光客らが迷路を楽しんだ。15日まで。

 本別町内で迷路を開催した「本別ヒマワリ愛好会」の代表だった背戸田利光さん(故人)の遺志を継ぎ、帯広の農家仁田義勝さん(69)が知人や本別ヒマワリ愛好会の関係者と協力して準備を進めてきた。

 この日は午前10時にオープニングセレモニーが開かれ、市議会の佐々木勇一副議長や帯広観光コンベンション協会の櫻井政宏事務局長、仁田さんらがテープカット。仁田さんは「家族で楽しめる新しい一大イベントとして盛んになればうれしい」とあいさつした。

 背戸田さんの妻諄子さん(71)も駆け付け、「夫の死後、家を出ることが少なかったが迷路を見られてよかった。天国の夫も喜んでいるはず」と語った。

 迷路体験第1号となったのは、市内の女児(7)。妹(2)、母の澤柳美希子さん(33)らと迷路を回り「どっちに行けばいいか分からなく難しかった。スタンプを探していると楽しかった」と話した。

 午前10時~午後4時。入場料は中学生以上400円、子ども200円、障害者・幼児は無料。迷路内にはスタンプラリーが5カ所に設置されている。

 飲食ブースでは、豊西牛のハンバーグ弁当(600円)、ゆでトウモロコシ1本(200円)などが販売され、畑の周囲を巡回する遊覧車や展望台からヒマワリ畑の景色を楽しむことができる。

関連記事

長野日報社

多「酒」多彩に酒蔵ツーリズム 伊南地域がモデルに

国税庁の「酒蔵ツーリズム推進事業」で、全国16カ所のモデル事例対象地域の一つに長野県の駒ケ根市、飯島町、宮田村、中川村の伊南地域が公募で選ばれた。伊南DMO設立準備会が申請していたもので、日本...

長野日報社

宮田村ワイン「紫輝」たる熟成 きょう発売

宮田村の特産ワイン「紫輝」のたる熟成の販売に先立ち、宮田村などは29日、発表会を同村の本坊酒造マルス信州蒸溜所で開いた。たる熟成のワインを製造するのは15年ぶり。たるの香ばしい香りと厚みのある...

長野日報社

今年の豊作願い田植え 下諏訪町の万治の石仏

長野県下諏訪町の諏訪大社下社春宮近くにある「万治の石仏」脇の田んぼで25日、田植えが行われた。下諏訪観光協会職員、町の地域おこし協力隊隊員、町職員など10人が長靴を履いて水田に入り、豊かに実る...

長野日報社

静かに咲き誇る大輪 「ぼたん寺」の遠照寺

長野県伊那市高遠町山室の遠照寺でボタンの花が見頃となった。約160種ものボタンがそろい、「ぼたん寺」との名で親しまれている同寺。新型コロナウイルス感染拡大防止のために花期恒例の「ぼたん祭り」は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク