全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

藤ノ花女子高で「十二単」特別授業

 いにしえの文化に親しもうと、豊橋市老松町の私立藤ノ花女子高校で19日、十二単について学ぶ特別授業があった。生徒をモデルに着付けの実演もあり、平成の女子高生たちは平安貴族に思いをはせた。  国語で古典を学んだ普通科の2年生115人が参加。十二単を通じて、その時代に生きた人に関して考える目的で行い、今年で20回目。  小林豊子きもの学院の川崎豊鶴さんらが講師を務めた。1000年前に誕生し、最も格式高い装いである十二単を解説したあと、川崎さんら3人で着付け。化粧し、小袖と朱の袴を着用した代表生徒の岩城あかりさん(17)に、萌黄色の単(ひとえ)や梅の模様をあしらった桃色の五衣(いつつぎぬ)などを次々に重ねていった。衣の裾を富士山のように美しく整え、重さ約16㌔にもなる装束が完成した。  岩城さんは「とても重たくて歩きづらい。昔の人はとても大変だったと思う」と平安貴族の苦労も実感。実演を見守った2年の中根安惟さん(16)は、鮮やかな彩りの装束に「カラフルでかわいい」と、日本人古来の豊かな感性に感動していた。

関連記事

珍鳥サカツラガン飛来 石垣島では数年ぶり 市内田んぼで3羽確認

 珍しい迷鳥サカツラガン3羽が11日、石垣市内の田んぼで確認された。県内では1983年に沖縄本島で初記録されたほか、八重山では西表島や波照間島、石垣島などで記録がある。  サカツラガンは、全長8...

長野日報社

小中学生に救命の知識を 伊那中央病院が体験学習

 伊那市の伊那中央病院メディカルシミュレーションセンター(iMSC)は、小中学生が救命処置を学ぶ体験学習「学校PUSHコース」の実施を上伊那地方の小中学校で始めた。同市富県小学校で12日、初めて...

荘内日報社

庄内産小麦のブランド化へ 地産・地消推進狙いに勉強会

 庄内産小麦に関する勉強会が11日、酒田市のマリーン5清水屋で開かれ、庄内地方のラーメン店主や製菓、製パン業者らが、山形大農学部(鶴岡市)が庄内で進める小麦の試験栽培に関する報告やラーメンの試食などを...

道東の魅力伝えたい 社団法人「ドット道東」設立

 道東を中心に活動するクリエーターが集まる一般社団法人「ドット道東」が、道東の魅力的な暮らしぶりや取り組みを紹介するガイドブックの制作に取り組んでいる。資金はクラウドファンディング(CF)で募って...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク