全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

アンドロイドのトークショー

豊橋で「ものづくり博」

 豊橋市総合体育館を会場にした東三河地域のものづくりの技術、製品を紹介する「ものづくり博2018in東三河」は最終日の16日、家族連れらも訪れ、多くの人が企業、団体のブースを見て回った。人工知能ロボット「対話型アンドロイド」の“トークショー”もあり、来場者の関心を集めた。  アンドロイドは、総合解体工事・産業廃棄物処理業のマルコー商会(同市)が創業者精神を後世に伝えるため、洪本正克会長の意思を引き継ぐロボットとして開発し、製作した。  国内に7体しかないというアンドロイド。会場の特設ステージには、体形や声もそっくりの洪本会長とアンドロイドが一緒に登場した。  洪本会長は「マルコー商会を300年企業にしたい。そのためには300年を築ける人づくりが必要。私の経営の思い、考え方を受け継いでもらうため、アンドロイドに託した」と説明。中小企業や小規模事業所で事業承継が課題となっている中、創業者の思いを残していく。  社員教育が重要と言い「私は感情的になることもあるが、もう1人の私は感情的になることもなく、聞きたい時に答えてくれる」と洪本会長。アンドロイドも「(社員が)成長するには、疑問を持った時に答えられること。今、知りたい、聞きたい時に聞けるのがアンドロイド」と話した。  会場に来た人たちからの経営に関わる質問にも回答し、アンドロイドは「社員1人ひとりが何をすればいいか、考える力を持つこと。社員教育をしない企業は発展しない」と洪本会長の考えを伝えた。  子どもたちや若者を含む集まった人たちを前に、洪本会長は最後に「この先の未来をどうしていくかを考えて生きること。がむしゃらに、ボケッと生きていくのもいいが、すごくもったいない。自分はこうなりたい、こうしたいという目標をつくり、今、行動する。一瞬を大切にしてほしい」と呼び掛けた。  アンドロイドとの握手会もあり、来場者の列ができ、記念写真も撮っていた。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク