全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

生物観察し清掃活動 城東小児童が離島体験

離島体験事業で清掃活動を行う那覇市立城東小学5年生ら=13日午後、宮良川

 沖縄本島の子どもたちに離島の生活や文化、現状を学んでもらおうと県が実施する「沖縄離島体験交流促進事業」で、那覇市立城東小学校(平敷兼栄校長、592人)の5年生96人が13日から、2泊3日の日程で石垣島を訪れている。同日午後は宮良川で生き物を観察しながら清掃活動を行い、離島の環境問題について学びを深めた。

 児童らは宮良川で「自然が多いと思ったけど意外とごみが多い」「なんでこんなにごみがあるの?」と話し合いながら、6袋分のごみを収集。清掃後、児童らを受け入れている石垣島エコクラブ(成底正好代表)の美馬誠憲さんが、マイクロプラスチックや漂流ごみなどが引き起こす環境問題について説明した。

 富山晶詞(あかし)君(10)は「石垣の川には生き物がたくさんいたけどごみが多くて、外国からのごみも来てる事が分かった。ごみを無くしたい」と感想。

 滞在中、児童らは伊原間公民館で伊原間地区の子どもたちと交流するほか、長命草入りのせっけんづくりや、海人体験などを行う。

関連記事

郡内各地で「海神祭」にぎわう ユッカヌヒー

 「ユッカヌヒー」(旧暦5月4日)の17日、郡内各地で漁業者の航海安全と豊漁を祈願する海神祭が行われた。このうち郡内最大の石垣市爬龍船競漕(きょうそう)大会(同実行委員会主催)は浜崎町の石垣漁港で...

ホコテン 華やか開幕 肌寒さ 熱気で吹き飛ばす 帯広

 13年目を迎える帯広まちなか歩行者天国(オビヒロホコテン、実行委主催)が17日、帯広市内の平原通(西2条通)や広小路を舞台に開幕した。正午までの帯広の最高気温は12.3度と肌寒かったが、会場...

合同で平和学習 防空壕など戦跡巡る

【西表】西表小中学校(宮城弘之校長)と白浜小学校(宮里政次校長)、船浮小中学校(上原秀樹校長)の合同平和学習会が11日、西表小中学校で行われ、石垣金星氏を講師に祖納集落内の防空壕(ごう)や上村砲...

宇部日報社

盆ちょうちんまつり前に仮点灯

 山口県宇部市厚東棚井の浄名寺(山中和敏住職)で17日、「盆ちょうちんまつり」が開かれる。檀家(だんか)や市民から預かった約270個のちょうちんを本堂に並べ、一斉点灯で幻想的な雰囲気をつくり出す...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク