全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マンガリッツァ豚と旬のアスパラ 幕別の味、一緒に食べて

 幕別町内で生産される「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」と北王農林(藤原壽美社長)の旬のアスパラガスのコラボ商品が4月末まで、オンラインショップで販売されている。

アスパラガスとマンガリッツァ豚をPRする(左から)藤原常務と丸勝の山口みなよさん

 マンガリッツァ豚は、ハンガリーで「食べられる国宝」と称された希少種で、丸勝(帯広市、梶原雅仁社長)が2016年に日本で初めてハンガリーから生体輸入した。その後繁殖を進め、アジア圏で飼育しているのは幕別町のみという。

 マンガリッツァ豚は濃厚な赤身と融点が低い脂肪を併せ持つのが特徴。北王農林は規格外野菜を豚のおやつとして提供するなど同社と交流があり、昨年はトライアル販売として同社のベーコンと北王農林のアスパラを併せて販売した。昨年の販売が好評だったため、今年も継続して実施することとした。

 今年はマンガリッツァ豚のウインナーソーセージとバラ肉を塩漬けにし、乾燥させたパンチェッタをセットで販売する。フライパンに油を引かずにウインナーとパンチェッタを投入して焼き目を付け、アスパラを加えて炒めて塩コショウで味付けをするのがお薦めの食べ方という。

 丸勝営業販売戦略室の牛膓健司室長は「マンガリッツァ豚から出る脂とアスパラの相性が良いので、ぜひ味わってほしい。今後も町内でいろんな事業者さんと連携していけたら」と話している。

 北王農林の藤原昇常務は「今年のアスパラは太くて良質なものが取れており、水分量もあるのでマンガリッツァ豚に負けないくらいジューシー。ぜひ食べてみて」と話していた。

 価格はアスパラ500グラムにパンチェッタ100グラム、ウインナー90グラムのセットで3940円。「十勝ロイヤルマンガリッツァ豚」の特設サイトから申し込み・購入できる。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク