全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

サンゴジュ鈴なりに

赤い果実を鈴なりに実らせているサンゴジュ=29日午後、バンナ公園北口ちょうちょ橋付近

 バンナ公園北口のちょうちょ橋付近で、サンゴジュ(スイカズラ科)が赤い果実を鈴なりに実らせ、新緑の季節に彩りを添えている。29日は実を食べに来たメジロの姿も見られた。  サンゴジュは日本の関東以南や台湾が原産の広葉樹。沖縄では3~4月に小さな白い花が円すい状に咲き、6~9月にかけて円形の赤い果実ができる。熟した果実がサンゴに似ていることから「サンゴジュ」と名づけられた。  また、耐火力が強いため、火事などの際に延焼を防ぐのに役立つともいわれ、防火樹として庭木や生け垣にも用いられている。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク