全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

「しぅまむにであそぼう」 歌や絵本で方言に親しむ 伝承研究会

わらべ歌「ほっぱー」で草笛に挑戦する親子ら=17日午前、結い心センター

 方言の普及継承活動に取り組むしぅまむに伝承研究会(亀井道子会長)主催の「しぅまむにであそぼう」が17日午前、結い心センターで開かれ、参加した親子が八重山に伝わるわらべ歌や民話絵本の読み聞かせなどを楽しみ、しぅまむにに親しんだ。

 同会は石垣市内のこども園など未就学児を対象にした継承活動を行っており、この取り組みはコープおきなわの「地域活動支援制度」の助成を受け実施している。

 参加者は会員から説明を受けながら「月ぬかいしゃ」や「いゆぬみー」「くばぬはゆんた」、「ほっぱー」などわらべ歌6曲を実演。絵本「かっこうどり」や「黄金の花」の紙芝居読み聞かせもあった。「猿の生き胆」の紙芝居では八重山高校2年の吉田美優さんと伊集祐奈さんがナレーションを務めた。

 親子3人で参加した玉城ゆうなさんは「(方言を)話したいがなかなか周りに話す人がいなくて、子どもと歌を歌ったりして遊びたいなと思っていた。普段使う言葉も分かるようになりたい」と話した。娘・未来さん(8)は「月ぬかいしゃの手遊びが面白かった。話せるようになりたい」、彩智さん(6)は「草笛を鳴らせてうれしかった」とそれぞれ楽しんだ様子だった。

 亀井会長は「しぅまむにのシャワーを浴びることで雰囲気を感じ、耳慣れしてほしい。今後も未就学児を対象にした活動を行っていきたい」と語った。

関連記事

紀伊民報社

南高梅の収穫始まる 不作とひょう害で厳しく

 梅産地のみなべ町や印南町で、主力品種「南高梅」の収穫が始まった。JA紀州によると、暖冬や不完全な花が多かった影響などにより例年にない不作の上、ひょうの被害も重なり、厳しい年となっている。  ...

荘内日報社

庄内町産豚肉使用のレトルトカレー販売開始 北月山荘フレンチ食堂 モン・ヴィ..

 庄内町の月の沢温泉・北月山荘のフレンチ食堂「モン・ヴィペール」で調理を担当するシェフ・富樫一仁さん(42)が、同町産豚肉を使ったレトルトパック「ポークカレー」の販売を今月から開始した。同施設限定販...

国旗検定合格・山下さんの夢応援 帯広の澤田さん国連切手プレゼント

 帯広市在住の元自衛官澤田孝廣さん(76)は、「国際知識検定国旗(国旗検定)」1級に合格した下音更小学校3年生の山下康(こう)さん(8)に、1000枚超の「国連切手(国旗シリーズ)」をプレゼントし...

宇部日報社

おーるうぇいずが自立援助ホーム「永紬」開設 市内初20歳未満の入所施設【..

 NPO法人おーるうぇいず(松本鉄己代表)が、自立援助ホーム「永紬(なつむ)」を宇部市内に開所した。義務教育を終えた15歳からの子どもたちが、社会で自立した生活を送れるように、家庭的な雰囲気の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク