全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

頑張れアランマーレ 能代松陽高美術部が黒板アートで勝利後押し

アランマーレ秋田を応援するため、能代松陽高美術部が黒板アートを制作

 バスケットボール女子・Wリーグの能代大会が12月2、3日に能代市総合体育館で開催されるのに合わせ、能代松陽高美術部がプレステージ・インターナショナル・アランマーレ(アランマーレ秋田)を応援しようと、選手たちをモデルに黒板アートを制作した。当日に同体育館2階に展示される予定で、部長の加賀谷優那さん(2年)は「大会の集客にもつながれば。たくさんの人に見てもらいたい」と話している。

 Wリーグの能代開催は初めてで、アランマーレ秋田は両日とも静岡県のシャンソン化粧品シャンソンVマジックと対戦する。
 黒板アートの制作は、市市民活力推進課から同校美術部に打診があり、加賀谷さん、副部長の髙橋心音さん(2年)、前部長の大髙芽依さん(3年)の3人が担当した。
 チームの集合写真を参考に制作を進め、選手14人とチームスローガンの「Be the WAVE For the TEAM」の文字、アランマーレ秋田のロゴのほか、背景には大きな波や船を描いた。
 加賀谷部長によると、3人で分担して制作を進めていたが、はじめは顔のタッチがそれぞれ違いばらばらになってしまい、改めて統一を図ったといい、「2、3人の絵なら描いたことがあるが、10人以上の人物をモデルにしたのは初めてで、難しかった。私は実際の黒板に絵を描いたことがなく、チョークが黒板から剝がれやすくて大変だった」と振り返る。
 大会まであまり時間がなかったため、急ピッチで作業を進め、5、6日ほどで黒板アートが完成し、28日に引き渡した。大会期間中に市総合体育館2階に展示される予定で、加賀谷さんは「選手たちが真剣にプレーしている姿はかっこ良く、少しでも応援することができれば。会場に来たたくさんの人たちにも黒板アートを見てもらいたい」と笑顔を見せた。
 美術部の太田優喜顧問は「精鋭の3人が頑張ってくれた。学校外の人たちに作品を見てもらえる貴重な機会で、生徒たちの自信につながってくれたら」と話した。
 大会は2、3両日とも午前11時開場で11時10分から前座試合が行われ、午後2時からアランマーレ秋田とシャンソンVマジックの試合を実施する。2日は能代松陽高とアランマーレ秋田がコラボし、生徒の考案メニューも同体育館で販売される予定。

関連記事

長野日報社

「高遠城址公園さくら祭り」伊那市が対策会議 運営方針など確認 長野県 

長野県伊那市は26日、観桜イベント「高遠城址公園さくら祭り」の対策会議を同市高遠町総合福祉センター・やますそで開いた。祭りに携わる関係者ら約50人が出席し、運営方針や交通、防犯対策などを確認。...

食べて実感 小麦の魅力 パンや菓子16店出店 とかちフェスタ

 十勝産小麦の普及・消費拡大を目的とした「十勝穂ドリームネット とかち小麦フェスタ」が25日、帯広市内のとかちプラザで開かれた。会場内での飲食も4年ぶりに復活。菓子店やパン店など小麦を扱う飲食...

紀伊民報社

梅咲く山道を駆ける みなべで「梅の里トレイルラン」

 和歌山県みなべ町の高城、清川地域で18日、山道を走るトレイルランニングの大会「梅の里トレイルラン2024」(実行委員会主催、紀伊民報など後援)が開かれた。ミドル(27キロ)と5年ぶりに復活した...

長野日報社

ソリ人間、霧ケ峰滑走 初のコンテスト 長野県諏訪市郊外

 長野県諏訪市郊外の霧ケ峰スキー場で17日、自作のそりと仮装で競い合う「霧ケ峰ソリ人間コンテスト」が開かれた。市民有志でつくる「霧ケ峰Act」が霧ケ峰の活性化を狙いに初めて催し、親子を中心に県内...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク