全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

センリョウの収穫始まる 正月飾りに人気の縁起物

栽培施設内で赤い実をつけているセンリョウ(和歌山県印南町皆瀬川で)

 正月用の切り花として人気のあるセンリョウ(センリョウ科)の収穫が、和歌山県印南町の山間部にある真妻地域で始まった。

 センリョウは上向きに実がなることから縁起が良いとされる。同町では1950年ごろに栽培が始まり、60年代に産地化が進んだ。実の赤色が濃く、真妻は西日本有数の産地として知られている。
 山あいを流れる切目川上流域には、日光を約3割程度に抑えるため黒い寒冷紗(かんれいしゃ)で覆った栽培小屋が見られる。高齢化で栽培農家は減少しており、JA紀州みなべいなみ花き部会によると、JAを通じて出荷しているのは15戸という。
 真妻地域にある同町皆瀬川の森口詠士さん(69)は30年以上になる栽培農家。約6アールの園地で栽培しており、「今年は暑かったが、最近は寒暖差が目立ってきたので実の色づきも進んでいくと思う」と期待している。

■品質の確保呼びかけ JAが目ぞろえ会

 JA紀州は24日、規格の目安について栽培農家に周知するための「目ぞろえ会」を真妻事業所で開き、産地として品質を統一するよう生産者に呼びかけた。大阪の市場担当者も同席し、質の良いセンリョウの出荷を求めた。
 収穫したセンリョウは各生産者が水槽で保存している。12月8日に始まる同事業所での荷受けに合わせて出荷し、主に関西圏で消費される。都市部で12月半ばに開かれるセンリョウ市への出荷を機に、ほとんどの農家が収穫を終える。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク