全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

沖合ハタハタ漁低調 秋田県漁協北部支所管内

今季も今のところ低調な沖合ハタハタ漁だが、今後の漁獲量に期待する漁業者も少なくない(八峰町八森の岩館漁港で)

 県漁協北部支所管内の沖合ハタハタ漁が今季も低調に推移している。しけで操業が限られ、同支所管内で今月操業できたのはわずか4日間(22日現在)。今季の水揚げは今のところ1㌧で同様に低調だった昨季同期並みの水準。一方、昨季は11月末から12月にかけてまとまった量が取れたことから、漁業者は今後に期待している。

 沖合底引き網漁は9月に解禁。同支所によると、底引き網船は昨季から1隻減少し、八峰町の八森漁港と岩館漁港で各3隻の計6隻が操業している。
 ハタハタは10月に6日間の出漁で漁獲量は79・8㌔だった。今月の出漁は4日間(22日現在)にとどまり、986・7㌔を水揚げ。昨年11月23日時点の1・1㌧と同水準となっている。
 漁師はしけに悩まされ、操業が限られている。八森漁港で操業する漁師の男性は「次々にしける状態で出漁が難しい。22日は出漁できると思って待機したが、結局出られなかった」と言う。岩館漁港の漁師の男性も「ハタハタはいると思うが、そもそも出漁できない」と話した。
 県水産振興センター(男鹿市)によると、県内の沖合漁の漁獲量(22日現在、速報値)は8・6㌧で、前年同期比4・4㌧減。同センターの担当者は「ここ数年は低調傾向で、ハタハタの絶対数は確実に減っている。今季に限れば底引き網船が1隻減少したことも漁獲量低下の一因と言える」と話す。昨年は12月末時点で57㌧の水揚げがあったが、「今季は下回るのではないか」との見方を示す。
 昨季は海水温の高さが不振の原因の一つとみられていた。八森漁港で操業する男性によると、今月16日の出漁時の沖の表面水温は約17度で、「昨年の同時期より2度ほど低かった。徐々に温度は下がってきているので、これから取れる可能性がある」と期待した。

関連記事

ひな人形900体ユニークに飾る ファッションメールプラザ 苫小牧

苫小牧市表町3の商業施設ファッションメールプラザで3月19日まで、「プラザde雛(ひな)まつり」が開かれている。市民から寄せられたひな人形約900体を、音楽演奏などを表現したポーズで飾り、訪れた人...

民泊「どりふ」開業へ 出張、旅行需要見込む 大樹

 くさかガス設備(大樹町鏡町)を経営する日下昌樹さん(49)は、町内振別146で所有する一般住宅を改修し、民泊「どりふ」を3月中にも開業する。出張や旅行、少年団活動などの需要、「お試し移住」での利...

荘内日報社

松くい虫被害 庄内昨年過去最悪5万5644立方メートル 優先順位に従った駆除必..

 庄内地域のクロマツ林でマツノマダラカミキリ(松くい虫)による被害が広がっており、2023年は鶴岡、酒田、遊佐3市町の国有林・民有林計5万5644立方メートル(材積換算、前年2万2976立方メートル)に及び、過去...

宇部日報社

小野田高生が短編小説作製 地域の魅力を県内外へPR【山陽小野田】

 小野田高(天尾昇一校長)の総合文化部・文芸読書(村上結菜部長)の部員、生徒有志ら13人が、県内を舞台にした短編小説集「LOVE 山口県ショートショート―しあわせみいつけた」を作製した。11市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク