全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

帯広の南大門チゲが全国V 焼き肉料理コンテスト

 全国焼肉協会(東京)主催の「第3回焼肉料理コンテスト」で、帯広市内の「JUICY DISH=ジューシーディッシュ=焼肉南大門」(西3南19)のスンドゥブチゲ(豆腐チゲ)がグランプリを受賞した。運営する南大門代表の岡田佳奈さん(42)と料理長で妹の美佳さん(41)が二人三脚で開発。女性をターゲットにしたアイデアや調理技術が評価され、全国の名店を抑えて日本一に輝いた。

「良い結果を持ち帰ることができてよかった」と喜びを語る佳奈さん(右)と美佳さん

十勝産具材のうま味凝縮 11月中に提供へ
 同コンテストは焼き肉料理の進化と創造性を高める目的で、2018年に第1回を開催。今年のテーマは「焼肉屋で食べたい熱々チゲ」で、全国から149作品の応募があった。2回の書類審査を経て上位4組を選出。8日に東京で実技による決勝大会が開かれ、同協会に加盟する「叙々苑」の会長ら4人が審査した。

 JUICY-が出品したのは、冬季限定メニューとして長年親しまれてきたチゲをアレンジしたもので、佳奈さんのアイデアを料理人歴20年の美佳さんが同業者などの知恵も借りて実現させた一品。豆腐やキノコ、アサリ、豚肉などが入り、牛骨と鶏ガラを約10時間かけて煮込んだだしに十勝産具材のうま味が溶け込んでいる。西京白みそが全体をまろやかにまとめ、程よい辛みとコクで食べやすく仕上げたという。脇を固める十六穀米、アレンジ用のおろしポン酢、ミルクジェラートも、「一つ一つの組み合わせが革新的で斬新」と評価された。

 同社は1968年に2人の父涼一さん(故人)が創業。2人は12年に両親から経営を引き継ぎ、13年に「JUICY-」を開店した。無煙ロースターの設置や提供メニューなど、女性層を意識した店づくりにこだわっている。受賞に関して佳奈さんは「初めての挑戦で不安もあったが、チゲは妹と歩んできた歴史が詰まった自信作。結果を聞いた時は、従業員などいろいろな人の顔が浮かんだ」と喜びを口にした。

 グランプリを受賞したチゲは11月中に新メニューとして提供する予定。

関連記事

長野日報社

南箕輪村特産米 飲食店で”村産村消” 「金芽米の日」開始 長野県

長野県南箕輪村で14日、村特産の特別栽培米「風の村米だより」を飲食店で提供する「金芽米の日」が始まった。毎月第2、4金曜日を「金芽米の日」として消費拡大と認知度向上を図る取り組みで、村内の飲食...

長野日報社

地元産原料の麦焼酎、来春発売へ製品化 長野県飯島町の「水緑里七久保」

 多品目で農業生産を手掛ける長野県飯島町七久保の「水緑里七久保」は、自社栽培の六条大麦を原料にした麦焼酎の製品化事業に着手した。喜久水酒造(飯田市)に醸造を委託し、来春に発売する。同社創立20周...

貴重な白「ひろがる」12日発売 めむろワイナリー

 芽室町内のワイン醸造所「めむろワイナリー」(中美生、尾藤光一代表)は12日から2023年ビンテージの白ワイン「ひろがる」(1本375ミリリットル、3300円)を84本限定で販売する。尾原基記醸造...

消費者へ“ツナグ”チーズ 芽室・大友牧場「ミルク感味わって」

 芽室町関山の大友牧場(大友詠吉代表)が、同牧場で搾った生乳を使いオリジナルのチーズ「ツナグ」を開発した。製造は新得町のチーズ工房「広内エゾリスの谷チーズ社」(寺尾智也代表)に委託した。大友代表は...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク