全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

長く愛される店に 元教員が古民家改修しパン店を開業

曽祖母の自宅を改修し、開店したパン店「LINK」

 和歌山県串本町二色で、元教員の坂井由加さん(34)が古民家の一室を改修してパン店「LINK(リンク)」をオープンした。素材にこだわり、小ぶりで中身がぎゅっと詰まったパンが特徴。開業からもうすぐ半年。気付かずに通り過ぎてしまいそうなほど飾り気のない外観の店舗だが、インスタグラムや近所の人らの口コミで静かな人気を集めている。
 坂井さんは県内や三重県の小中高校で教員をしていたが、夫の転勤を機に2年前に地元串本町へUターン。動画や専門書を参考にしながら趣味でパン作りを始めたところ、周囲に好評で、パン店を開きたいという思いが膨らんだ。
 店を一緒に切り盛りする母の芝本明美さん(61)は「1年くらい前に『店をしたい』と言われた時は、まさか本当にやるとは思っていなかった」と振り返る。店舗は坂井さんの曽祖母の自宅だった。DIYが得意な弟に頼んで半年かけて改修してもらった。

20種類ほどのパンを前にする坂井由加さん(左)と芝本明美さん=和歌山県串本町二色で

 今年5月にオープンしてからは、学生時代の友人や前職の同僚が足を運んでくれたり、近所の人らが「お裾分け用に」と多めに購入してくれたり。「人とのつながりを感じる。大切にしたい」と2人は口をそろえる。
 小麦粉やバター、小豆は北海道産、そのほかの食材も国内産を使用。約20種のパンを並べている。丸パンは70円、メロンパン150円、焼きカレーパン250円など価格を抑えている。
 「赤字にならないギリギリの価格にした。添加物を気にせずにおいしいものを食べてもらいたい。愛されて長く続くパン店になりたい」と開業後も試行錯誤を続けている。

関連記事

宇部日報社

市長賞に花園自治会、春の花壇コンクール、特別賞や最優秀賞決まる【宇部】

 宇部市春の花壇コンクールの受賞団体が決まり、最高賞の市長賞には東岐波の国道190号沿いの花壇を彩った花園自治会(伊藤昌洋会長)が輝いた。市、市ガーデンシティ緑化運動推進委員会(会長・篠﨑圭二市...

紀伊民報社

南高梅が不作 平年の3割弱 梅の着果調査

 JAや日高振興局などでつくる「日高果樹技術者協議会」は19日、和歌山県の御坊・日高の4市町で実施した本年産南高梅の着果調査結果を発表した。主産地であるみなべ町と印南町の着果数は、過去10年平均...

苫小牧市ロゴマーク制定記念 22日に切手シート発売

日本郵便北海道支社は22日から、苫小牧市のロゴマーク制定を記念したオリジナルフレーム切手の販売を始める。84円切手10枚から成るシートで1枚は市のロゴマーク、残り9枚はとまチョップが樽前山山頂に登...

荘内日報社

龍神様とご縁を結ぶ 善寳寺 「辰歳御縁年記念企画」始まる

 鶴岡市下川の龍澤山善寳寺で12年に1度の「辰歳(たつどし)御縁年記念企画」が始まった。本堂で祈祷を受けた後、奥の院・龍王殿を拝観し「龍神様」とご縁を結ぶ。このほか国の重要文化財に指定されている絵画「...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク