全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

青じそ加工研究会10周年報告会

商品も展示、紹介した報告会=豊橋温室園芸農協で

 生産額日本一の青じそ生産地、豊橋市の農家と食品加工メーカーなどでつくる「青じそ加工研究会」が10周年を迎え、事業報告会が豊橋市高洲町の豊橋温室園芸農協で開かれた。同研究会マネジャーを務める横山順子さんが10年の歩みを紹介した。  2007(平成19)年、青じその地域ブランドを目指し、研究会が立ち上げられた。横山さんは「当時、生鮮で出荷していたが、『加工品が必要だね』『今までにないことをやってみよう』と商品開発に乗り出した」と振り返った。  農家と、さまざまな食品加工メーカーなど10社で構成するが、「お客さまは誰かという質問に答えられず、作り手の都合だけで作っていた」と言い、意識を変えるための取り組みとして「互いの現場を見たり、催事などで直接お客さんの声を聞いたりしてコンセプト、ターゲットを明確にした」と話した。  公的機関による残留農薬検査など消費者が望む安全安心への取り組みを行い、商品作り、販路開拓を進めてきた。  青じそを使った寄せ豆腐、ウインナー、梅酒などの商品が誕生した。  今後に関し、横山さんは「つまものから、中心になる食材、青じそを目指している」とさらなる意欲を報告した。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク