全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

おいでよ親子の広場 「支援センターのこのこ」

のこのこ広場に向けて用意しているおもちゃや絵本(和歌山県白浜町で)

 支援を必要とする家庭と社会をつなぐ、和歌山県白浜町の「くまのっ子児童家庭支援センターのこのこ」(藤藪庸一センター長)は23日から、町青少年研修センターで、親子の広場「のこのこ広場」を始める。

 のこのこは児童福祉法に基づき、5月に活動を始めた県内二つ目の地域相談施設。町内で自殺防止活動を展開するNPO白浜レスキューネットワークが県から委託されて運営している。
 社会福祉士や保育士といった専門的な知識を持つスタッフが、子育ての悩みや虐待、いじめ、不登校、ひきこもりなどの深刻な悩みの相談に応じたり、各教育機関と連携して支援の手だてを考えたりしている。
 今回開設する「のこのこ広場」は、就学前の乳幼児やその保護者、妊婦を対象に、毎月第2、4月曜(祝日は休み)の午前9時半~11時に開く。予約不要で出入り自由。無料。
 スタッフが常駐し、おもちゃなどを用意する。親子で遊びながら、保護者同士の交流や子育ての悩み相談もできる。授乳スペースやおむつ替えスペースもある。1回目の23日は、音楽に合わせた遊び「リトミック広場」などをする予定。
 母親、父親でなくとも、祖父母でも参加できる。子育て中のリフレッシュがしたい人から、深刻な悩みを持つ保護者まで、誰でも参加を歓迎している。
 親子の交流の場は、町内では保育園などでも開かれているが、のこのこは「のこのこ広場」を開設することで、支援が必要な家庭と接点をつくり、支援につなげていこうと考えている。
 藤藪センター長は「保護者のストレスや不安を少しでも減らせる場所になれば。誰でも気軽に来てほしい。身近に悩んでいる人がいれば、誘ったり、紹介したりしてもらえれば」と呼びかけている。
 おもちゃや絵本の寄付も募っている。

関連記事

紀伊民報社

みこし担いで海へ 熊野神社の潮掛け神事

 地元で「お熊野さん」として親しまれている和歌山県白浜町才野の熊野神社で13、14日、例大祭が営まれた。コロナ禍の影響で規模を縮小していたため、通常通り営むのは5年ぶり。地域をみこしが練り歩き、...

ウトナイ湖の春満喫 野鳥観察会に70人 苫小牧

苫小牧市植苗のウトナイ湖サンクチュアリネイチャーセンターと日本野鳥の会苫小牧支部は13日、同湖畔で「春のウトナイ湖野鳥観察会」を開いた。市内外から約70人が参加し、湖畔の豊かな自然に触れた。 ...

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク