全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

リュウキュウコノハズク 島と島の間飛んでいた 波照間―石垣で調査 初確認 進化理解に重要な手掛かり

石垣島で再発見されたリュウキュウコノハズク。左足に青と黄色の足環が見える=2022年7月20日、石垣島のバンナ岳

 リュウキュウコノハズクの離島間での移動が国立環境研究所の澤田明氏らの研究で初めて明らかにされた。移動が確認されたのは、波照間島から石垣島までで直線距離50㌔余り。波照間島で標識用の足環が装着されたリュウキュウコノハズクのメスが石垣島で見つかった。論文は学術雑誌などのオンラインデータベースBioOneに8月、掲載された。

 コノハズクの仲間はフクロウ目の中で最も多くの種があり、多くは亜熱帯から熱帯の島々に分布する。これらの種は、島ごとに異なる種や亜種に分かれており、あまり島間を移動することがなく、集団間の遺伝子流動が少ないことが要因として考えられている。

 今回の発見について澤田氏は「コノハズクの仲間の島間移動の記録は、彼らの島しょ部での進化を理解するための重要な手掛かりとなる」と指摘する。

 研究では2021年に波照間島でリュウキュウコノハズク134個体に足環を装着。そのうち1個体が22年に石垣島で再発見された。

 この個体は21年8月10日に波照間島北東部の林縁でメスの成鳥として標識され、22年7月17日に標識地点から約52・7㌔離れた石垣島のバンナ岳ふもとの林内で再発見された。

 この記録は、リュウキュウコノハズクが島間を移動する初めての直接的な証拠となった。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク