全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

トウモロコシおいしそう 西箕輪小児童が皮むき

給食で使うトウモロコシの皮をむく児童=西箕輪小学校

 伊那市西箕輪小学校の1年生と大地学年の児童たちが25日、トウモロコシの皮むきを体験した。市教育委員会が重点的に取り組む「農業のある学校」の一環で計画し、同校と隣接の西箕輪中学校で同日の給食に使うトウモロコシ260本(680人分)の皮をむき、食への関心を持つきっかけにした。

 普段は業者に依頼している作業を児童たちが体験。給食食材の準備を手伝うことで、生産者への感謝の気持ちを養い、いろいろな人たちの手を介して毎日の給食ができていることを学んだ。

 作業の前に埋橋恵美栄養教諭がトウモロコシについて説明。地元産の食材が給食に使われていることを教えると、「トウモロコシはとりたてがおいしい。きょうは朝とったばかりのトウモロコシをお昼にいただきます。給食室のお手伝いをお願いします」と呼び掛けた。

 児童たちは1人で3~4本ずつ受け持ち、皮をむいた。保育園で体験したことのある児童が多く、手際よくこなしていた。食べる人のことを考えながらのお手伝いで、「おひげがいっぱいあって、取るのがめんどうだけど頑張る」と女子児童。「きれいなトウモロコシでおいしそう。給食でおかわりできるかな」と話す児童もいた。

関連記事

長野日報社

きょうはお休みです 南箕輪村田畑で伝統行事「盆正月」

 南箕輪村田畑地区で17日、伝統行事「盆正月」が行われた。地域住民が盆休みの延長を求め区長や区長代理、会計、公民館長宅を封鎖。三澤稔区長(71)は、”仕方なく”区役員らに地区事務の休みを通達した...

本物の恐竜化石を修復体験

 恐竜「エドモントサウルス」の実物化石の修復体験が17日、豊橋市自然史博物館であり、抽選で選ばれた豊橋市の川﨑さん一家4人が破片の接着などを行った。  修復した化石は、開催中の特別企画展「体感!恐...

紀伊民報社

珍しいウナギの遡上 魚道の壁を進む

 夏の盛り、紀南の河川で絶滅危惧種のニホンウナギの幼魚が遡上(そじょう)している。垂直な魚道の壁に張り付くこともある。  幼ウナギの遡上は、主に夜間に見られ、特に河川が増水した時に多く、県立自...

新政府専用機、新千歳に到着 国内へ初飛来、2019年度運用開始

 2019年度から運用を開始する新政府専用機B777―300ER型機の1機が17日午前、内装工事を終えたスイスから新千歳空港に到着した。運用を担う航空自衛隊千歳基地の特別航空輸送隊は今後、機体整備...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク