全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

実りの願い 花開く イモ畑 十勝

丘の一面に咲き誇るジャガイモの花

 国内を代表するジャガイモ産地の十勝で、薄紫色や白色の花が満開になった。昨年は台風被害などで収量が減ったが、今年の生育は順調で初夏の畑を彩っている。

 平年並みの4月から5月にかけて植えたジャガイモは、6月下旬から花が咲き始め、先週末の好天で一気につぼみが開いた。約3300ヘクタールの畑で栽培する芽室町内でも満開の畑が目立ち、4日午前は雨にぬれて鮮やかに咲いた。

 ジャガイモは「メークイン」「男爵(だんしゃく)」が薄紫、加工向けの「トヨシロ」は白色の花を付ける。花の季節は例年7月下旬までで、盆すぎから収穫が本格化する。

 昨年は主産地の管内も収量が大きく低下。ポテトチップスの原料が不足して大手メーカーは一部商品の販売を休止した。JAめむろの辻勇組合長は「作柄は平年並みか良い状態。天候次第だが、このまま収穫期を迎えてほしい」と期待していた。

関連記事

紀伊民報社

まるでヘルメット 梅畑にオニフスベ

 和歌山県田辺市上芳養、自営業榎本正也さん方の梅畑で、真っ白な球体のキノコ「オニフスベ」(ホコリタケ科)が三つ生えているのが見つかった。  榎本さんが6月29日、梅取り作業中に、梅の木の根元や畑...

荘内日報社

育てた小麦 初収穫 庄農ラーメン開発に活用 庄農高秋のデビュー目指す 加茂水..

 穀物の自給率について学んでいる鶴岡市の庄内農業高校の生徒が育てた小麦の初収穫が1日、同市羽黒町玉川にある学校農場で行われた。収穫した小麦は粉末にして同市の加茂水産高校の生徒と共同開発している「庄農...

とまチョップ水がモンドセレクション金賞 2回目の栄誉に喜び

苫小牧市が販売するペットボトル飲料水「とまチョップ水」が、国際的評価機関モンドセレクションで2022年度の金賞を受賞した。2019年度に続いて2回目。市は「苫小牧の水が国際的に評価を受けた」と喜ん...

牛受精卵 世界初ドローン配送 上士幌で実験スタート

 上士幌町とJA上士幌町(小椋茂敏組合長)、ドローン配送会社のNEXT DELIVERY(ネクストデリバリー、山梨県小管村、田路圭輔代表)が1日、牛の受精卵をドローンで配送する実証実験を始めた。年...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク