全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

シロザケとカラフトマス展示始まる 婚姻色の魚体悠々と-千歳水族館

水槽を泳ぎ回るカラフトマスとシロザケ

 サケのふるさと千歳水族館で29日からシロザケとカラフトマスの展示が始まった。来遊減少や台風到来の影響などでカラフトマスの展示は3年ぶり。婚姻色が美しいシロザケとカラフトマスが悠々と泳ぎ回る姿を国内で目にできるのは同水族館と標津サーモン科学館だけ。来館者は迫力満点の光景に魅了されている。

 中水槽には26、27日にインディアン水車で捕獲したシロザケ40匹(雌10匹、雄30匹)に続き、29日にはオホーツク海側の常呂川で北見管内さけ・ます増殖事業協会から譲り受けたカラフトマスの雄70匹が仲間入りした。

 シロザケは体長60~70センチで赤や紫の婚姻色。カラフトマスは体長50~60センチ。大きく盛り上がった背中とべっ甲色にヒョウ柄の尾びれに加え、曲がった鼻が特徴。婚姻色のピンクが美しい。9月下旬まで展示される。

関連記事

荘内日報社

冬の朝日地域盛り上げ 雪ランタンまつりにぎわう

 鶴岡市熊出の日帰り温泉施設「かたくり温泉ぼんぼ」で16日、雪ランタンまつりが開かれた。大勢の来客でにぎわい、手作り雪灯籠やランタンに火をともして楽しんだ。  ぼんぼの管理運営組合(渡部嚴理事長)...

タンカン詰め放題も JAあまみ、春の特産品フェア

 JAあまみ(本所・鹿児島県龍郷町)が取り扱う旬の地場産青果物をそろえた「あまみ春の特産品フェア」が16、17の両日、鹿児島市のおいどん市場与次郎館であった。タンカン、バレイショなど奄美群島で栽...

紀伊民報社

ジビエで焼きそば 地元のシェフに教わる

 和歌山県田辺市の上芳養小学校で18日、野生動物の肉「ジビエ」を使った調理実習があった。6年生15人が地元に住むフランス料理シェフの更井亮介さん(29)に教わり、地元で捕れたイノシシの肉で焼きそ...

水しぶきの「雨水」 帯広はプラス

 降雪が雨に変わり、雪解けが始まるころとされる二十四節気の「雨水」の19日、十勝地方は暖気が入り、気温は平年より高く推移した。帯広の正午の気温は、平年より2.8度高い0.7度。道路には大きな水た...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク