全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

元気いっぱい競技楽しむ 運動会皮切り、阿寒湖でスポーツフェス

運動会シーズン到来―。釧路市立の小学校、義務教育学校のトップを切り、阿寒湖義務教育学校(高橋帝寿校長、児童生徒数71人)は26日、同校グラウンドで阿寒湖スポーツフェスティバル(ASF)を行った。児童生徒たちは元気いっぱいグラウンドを駆け抜け、競技を楽しんだ。

 小中一貫の同校は、児童生徒が参加する外部行事が本格化する前の5月に運動会を実施している。今回から、名称を大運動会からASFに変更。「One&Only~熱くなれ!笑顔で・自分だけの才能を開花せよ~」をスローガンに、児童生徒会(半田結会長)が主体となり、企画や準備、運営を行った。

 好天に恵まれたこの日は、チームマリモとチーム湖に分かれ、趣向を凝らした大玉転がしや綱引き、全校リレーなど13種目を実施した。

 このうち、全学年参加の借り人競争と障害物リレーが合体した「ヒーローに俺はなる!」では、2人一組となった児童と生徒がダンボールキャタピラ競争に続いて、「血液型がO型の人」や「ホテルで働いている人」などと書かれた紙を箱から引き、該当する保護者と協力し合いながら縄跳びなど各種競技を行い、共にゴールを目指した。また、最後の全校リレーでは4チームに分かれた児童生徒が接戦を演じ、終了後には互いの健闘をたたえ合った。

 半田会長(9年)は「みんなが全力で取り組んでくれて大成功だった。自分も最初で最後のASFを楽しむことができた」と笑顔を見せた。校区内にある市立マリモ幼稚園の園児13人も応援に訪れ、遊戯を披露し運動会に花を添えた。

 釧路市立小学校の運動会は6月10日から本格的に始まり、7月8日までの期間に行われる。

全校リレーでバトンの受け渡しをする生徒たち

関連記事

紀伊民報社

古民家のゲストハウス 梅の産地にオープン

 和歌山県みなべ町晩稲に古民家のゲストハウスがオープンした。日本最大級の観梅の名所「南部梅林」の近くにあり、観光客だけでなく、梅の収穫など援農者の利用も期待する。将来は農業などの体験も提供したい...

学生考案レシピを朝食で提供 新苫小牧プリンスホテル和

職業訓練校「野口観光ホテルプロフェッショナル学院」2年生の田村朝華さん(20)が考案した「トマトのおかゆ」が、新苫小牧プリンスホテル「和~なごみ~」の朝食メニューで提供されている。  野口観光...

荘内日報社

東北一広い市域 フィールド調査 東北大公共政策大学院 学生9人鶴岡市で活動 旧..

 東北大公共政策大学院(仙台市)修士1年の学生9人が4―6日の日程で鶴岡市を訪れ、旧町村部の地域振興に関する政策提言に向けたフィールド調査を行った。今後、政府機関や全国町村会事務局などにもヒアリングを行...

宇部日報社

県内60の〝校歌山〟を紹介 松永さん出版【宇部】

  宇部市野中5丁目の松永昌治さん(60)が、小・中・高校の校歌で歌われている山を紹介した「山口県の校歌山」(徨山舎)を出版した。60座を厳選し、特徴や登山ルートも掲載。市内では旧厚東中を含めて市...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク