全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

GW幕開け 動物たちも“お出かけ” おびひろ動物園

満開の桜をめでながら動物を見て回る来場者

 春の大型連休がスタートした29日、おびひろ動物園(帯広市緑ケ丘2、稲葉利行園長)でも夏季営業が始まった。同日午前11時の帯広の最高気温は12.6度。やや肌寒い中だったが、園内には子供たちの明るい笑顔があふれた。

 同園では、午前9時の開園とともに、今年オープン予定で現在工事中のビジターセンター横の正門から、家族連れらが動物たちの元へ駆け出していった。待望の一般公開にこぎ着けたユメタ(雄、10カ月)など親子3頭のキリンは、午前9時半ごろ、飼育員の「大きい声を出さず、温かく見守って」という呼び掛けの後、柵の前に集まった50人ほどの来場者の前に姿を見せた。

 父メープル(8歳)、母ユルリ(6歳)とユメタを柵で分離しての公開。キリンに会うのを楽しみに来園し、最前列のベンチで待っていた鹿追町の女児(4)は、「出てきた! かわいい!」と大興奮だった。

 この春から仲間入りしたインドクジャクのジェード(雄、10歳)やフラミンゴは、鳥インフルエンザ感染予防対策のため室内での展示となった。稲葉園長は「今年はばん馬やマンドリルもやってくる。魅力アップに努めていきたい」と意気込んでいた。同園の夏季営業は11月5日まで。

関連記事

紀伊民報社

シャクナゲ咲く 和歌山・印南の川又観音

 和歌山県印南町川又にある川又観音周辺でシャクナゲ(ツツジ科)が見頃を迎えており、参拝者や写真愛好者が山中に映える鮮やかな花を楽しんでいる。  同町の山間部にある厄よけで知られる観音で、シャクナ...

障害者の芸術イベント アール・ブリュット、苫小牧の2人も活躍

苫小牧市文化会館で3月に開かれた芸術イベント「アール・ブリュットin苫小牧2024」(苫小牧の文化と福祉を考える会主催)では、市内在住のアーティスト2人も活躍した。迷路作家の村川信也さん(50)と...

荘内日報社

プロジェクションマッピング鮮やかに 鶴岡・致道博物館重文「旧西田川郡役所」..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠順館長)にある国指定重要文化財「旧西田川郡役所」のリニューアルオープンを前に19日夜、クラウドファンディング(CF)の協力者を対象にした特別内覧とプロジェクションマッピン...

道の駅おとふけ来場128万人 2年目も好調

 音更町内の「道の駅おとふけ」(なつぞら2、愛称・なつぞらのふる里)が、15日に新築移転オープンから丸2年となった。2年目は、年間来場者数が128万2896人(対前年比14.9%減)で、開業初年(...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク