全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

大型遊具いよいよ完成 空港のふれあい公園【宇部】

5月27日から利用開始

 宇部市が山口宇部空港のふれあい公園で整備を進めてきた県内初のインクルーシブ大型遊具が、5月27日にいよいよ利用開始となる。障害の有無にかかわらず楽しめるよう設計されており、多くの親子連れでにぎわうと期待されている。

 幅約29㍍、奥行き約23㍍、高さ約12㍍のメイン遊具と、幅約25㍍、奥行き約15㍍のインクルーシブ遊具で構成している。「空港」「飛行機」「空」をデザインのコンセプトにした。インクルーシブ遊具のスペースは車椅子でも移動しやすいゴム舗装。飛行機の操縦席を模した遊具の一角は、車椅子でもスロープを利用して上り下りできるようになっている。

 メイン遊具は高さ6・8㍍のローラースライダーやトランポリン用器具を備える。見守りや休憩場所として利用できる屋根付きの空間も設けた。

 デザインはプロポーザル方式で公募。3社から応募があり、審査委員会で安全性や魅力度を審査した結果、屋外施設の企画などを手掛けるタカオ(本社広島県福山市)の案に決まった。

 現地での整備は1月から開始。現在は基礎工事を終えて、遊具の建て込みに着手している。遊具の整備と併せて進めていた公園駐車場の拡張工事は3月中旬に完了。駐車スペースはこれまでより67台分増え、133台を収容可能となった。

 5月27日午前9時45分から遊具前でオープニングセレモニーを開催。篠﨑圭二市長らが出席し、くす玉を割って完成を祝う。当日は空港グラウンドを臨時駐車場として開放。外遊びなどの道具を搭載した市のプレーカー(愛称・GO!GO!あそぼうCAR)も来場する。

 ふれあい公園の面積は約7万平方㍍。空港の東側に位置し、芝生広場、滑走路に離着陸する飛行機を間近で眺められる遊歩道などがある。オープン後は、イベント時の子育て相談ブースの開設などを計画している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク