全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

きょう「痛恨の日」 71年前、米軍政下の奄美 奮起して運動の原動力へ

講和条約発効に抗議した郡民大会の様子を伝える1952年4月29日付の本紙

 1952(昭和27)年4月のサンフランシスコ講和条約発効から、28日で71年となる。太平洋戦争の終戦後連合国軍の占領下にあった日本は条約発効によって主権を回復したが、46年2月2日に日本から行政分離された奄美や沖縄、小笠原諸島はその後も米軍の統治下に置かれ、母国と切り離された状態が続いた。奄美ではこの日を「痛恨の日」、沖縄では「屈辱の日」と表現する。奄美の日本復帰運動に詳しい「泉芳朗先生を偲(しの)ぶ会」会長の楠田哲久さん(75)=鹿児島県奄美市名瀬=は「奄美にとってはつらいニュースだったが、復帰のリーダーだった泉芳朗は反骨の人。島民と共に一丸となって一層奮起したのではないか」と語る。

 復帰運動の母体である奄美大島日本復帰協議会(復協)は、52年4月28日の午後8時、名瀬小学校で「祖国独立記念復帰促進郡民大会」を開いた。詰め掛けた市民約6千人は日本の独立を祝いながらも、奄美が母国から切り離されたままの状態が続くことを悲しみ、憤りと抗議の声を上げた。

 大会では「奄美同胞20余万住民にとっては心からの喜びとはなり得ない。痛恨の極みである。講和条約第三条の撤廃を世界に宣言し、一致団結、初期の目的達成の日まで勇猛果敢に奮闘を続ける」との決議がなされた。

 同年6月6日付の南海日日新聞社説によると、島外在住出身者で組織する奄美連合復帰対策委員会本部が5月28日に東京新橋駅前で開いた全国奄美同胞総決起大会の中で、講和条約発効の4月28日を「痛恨の日」と定めている。

 楠田さんは、復帰運動が島の内側と外側で呼応しながら進んでいったことに注目。「復協のリーダーだった泉芳朗や奄美の島民は『痛恨の日』を原動力に、さらに奮起して運動を進めたと言える」と語り、日本復帰記念の日である12月25日だけではなく、復帰に至るまでの出来事を時系列的に学ぶことで復帰運動への理解が深まると話した。

 奄美群島は今年、復帰70年の節目を迎え、次世代への記憶の継承が課題となっている。児童生徒や教育関係者への講演などを行っている楠田さんは、「復帰運動はそもそも、国同士の国境問題から始まっている。現代の私たちが奄美の歴史から学ぶことは多いのではないか」と語り、住民の関心の高まりを期待している。

関連記事

釧路新聞社

阿寒湖のマリモ 25年度以降保全対策を試行【釧路市】

 国の特別天然記念物「阿寒湖のマリモ」の保護と普及啓発、湖の環境保全や適正利用に取り組む官民団体「阿寒湖のマリモ保全推進委員会」(小林道之会長)は21日、釧路市の阿寒湖まりむ館で2024年度総会を...

釧路新聞社

タンチョウのひな2年ぶり誕生 動物園ですくすく【釧路市】

 釧路市動物園(鈴木貴博園長)は21日、タンチョウのひな1羽が生まれたと発表した。同園での繁殖は2022年以来2年ぶり。  父親のコウ(13年か14年生まれ)と母親のアミ(16年生まれ)が4月9...

長野日報社

長野県飯島町の「wave」が稲作の実証実験 ドローンで直播栽培

 長野県飯島町で農業用ドローンの販売から作業メンテナンスを手掛けるシステム開発の「wave」は、小型無人機ドローンを使った稲作の実証実験に取り組んでいる。同町岩間にある同社隣接の水田で、鉄コーティ...

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク