全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

県防災ヘリ、新機体公開 7月デビューへ

防災ヘリコプター「きしゅう」の新機体(和歌山県白浜町で)

 和歌山県の消防防災ヘリコプター「きしゅう」の新機体が、白浜町の南紀白浜空港で報道陣に公開された。高度を下げ過ぎて地上に激突する事故を防ぐ装置や災害映像の送信機能を搭載。7月の運航開始を目指す。
 「きしゅう」は山林火災の消火や救急患者の搬送などを担う防災ヘリ。白浜空港内にある県防災航空センターを拠点に、約24分で県内全域に駆け付けられるという。現行機体は1995年の導入で老朽化しており、新機体に変更する。3月29日に配備され、航空隊員が飛行訓練を積んでいる。
 新機体はカナダ製。全長17・1メートル、全幅14・02メートル、高さ4・66メートルで、定員は15人。最高速度は時速259キロで、1度の給油で722キロ航続できるという。価格は21億600万円。
 地上との高度を常に測定し、異常に近づくと警報を鳴らす「対地接近警報装置」や、操縦かんを操作しなくても空中で静止できる「オートホバリング機能」など操縦支援を強化。
 さらに、これまで使用のたびに積み込む必要があった災害映像の電送システムを常設。カメラとアンテナの位置を調整したことで、消火タンクも同時に搭載可能になった。映像からの情報を基に、効果的な消火活動ができるようになる。
 防災航空隊の土井敏弘隊長(42)は「新機体は安全面が向上され、隊員も安心して現場に挑める。捜索活動や火災時の情報収集の精度も上がる。今後発生が予想される大規模災害などに対処できるよう、日々訓練に励みたい」と話した。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク