全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ホーム開幕戦300人声援 和歌山ウェイブス

試合後、観客にあいさつする和歌山ウェイブスの選手

 野球・さわかみ関西独立リーグ、和歌山ウェイブスのホーム開幕戦が14日、和歌山県田辺市上の山1丁目の田辺スポーツパーク野球場であった。約300人がナイター試合を観戦し、コロナ禍で控えていた声を出しての応援を久しぶりにした。音楽ライブもあり、盛り上がった。試合は兵庫ブレイバーズ(兵庫県三田市)に2―0で勝ち、開幕3連勝を飾った。

 ウェイブスは今季「和歌山ファイティングバーズ」から名称を改め、ホーム球場での初戦を迎えた。先発の西垣彰太投手(23)が12奪三振の力投で完封。深谷力主将(22)が2打点を挙げ、勝利に貢献した。
 試合後、ウェイブスのゼネラルマネジャーを務める田辺市出身の元プロ野球選手、濱中治さん(44)が、6日の兵庫県淡路市での試合に続いて2試合連続完封勝利を果たした西垣投手にヒーローインタビュー。濱中さんは「選手全員がプロを目指して頑張っている。皆さんにサポートしていただきたい」と呼びかけた。
 試合前の始球式は田辺市の真砂充敏市長が務め、ノーバウンド投球でストライクを取った。安達克典市議による国歌独唱もあった。試合後には、音楽ユニットET―KING(イーティー・キング)のライブがあり、観客を喜ばせた。
 田辺市東陽の福田一成さん(27)、瑛斗君(7)の親子は、ウェイブスに新加入した田辺市出身の小川佐和選手(22)を応援しに来たという。小川選手は開幕から1番打者を務め、この日も先制のホームを踏んだ。一成さんは「自分と同じ東陽中学校出身の小川選手が活躍してうれしい。今日は投手も良く安心して見られた」、瑛斗君は「勝ったのでうれしい。小川選手はかっこよかった」と喜んだ。

関連記事

紀伊民報社

扇ケ浜に海の家2店オープン 関大生と南紀みらいが運営

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場に個性の違う「海の家」2店がオープンした。運営する南紀みらいは「海水浴だけではないビーチの魅力を満喫できる空間。いろいろな人に遊びに来てほしい」と呼びかけている。 ...

白熱したレース展開 5年ぶり鵡川で 「人間流送競技」 穂別流送まつり むかわ

第41回むかわ町穂別流送まつり(同まつり実行委員会主催)が20、21両日、穂別ふれあい公園で開かれた。会場は大勢の人でにぎわい、ジンギスカンやフライドポテトなどの出店を楽しげに巡る光景が広がった。...

荘内日報社

お待たせ!!朝採りだだちゃ豆 JA鶴岡中央支所 大泉直売所オープン

 鶴岡市白山のJA鶴岡中央支所駐車場の特設テントで22日、「大泉だだちゃ豆直売所」がオープンした。待ちかねたファンが早速訪れ、朝採りの鮮度抜群の枝豆を買い求めていた。  直売所は生産者の女性たちに...

ヒップホップ、ジュエリーで発信 芽室出身アーティスト橋本さん

 芽室町出身のヒップホップアーティスト、橋本悠汰さん(25)が、ジュエリー会社「EmpireHollywood(エンパイアハリウッド)」を開業した。町内のアパレルショップ「doek(ズック)」(東...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク