全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

路線バス「落石線」10日から実証試験【根室】

「落石線」実証試験のチラシ

 【根室】市は来月10日から、公共交通空白地帯の落石地区で、路線バス「落石線」を運行する実証試験を行い、同地区からの通院、通学の足としての可能性を探る。運転手不足や利用客減少に悩む市内公共交通の在るべき姿を探るために策定した「根室市地域公共交通計画」の一環だ。

 落石地区はJR花咲線の利用が可能だが、駅舎から集落までの距離があり、公共交通の空白地帯が生じている。地域との意見交換会でも、通学や通院などで市街地に向かう小規模な需要に対応した運行形態を臨む意見が多く出されていた。

 このため、市が事務局を務める市地域公共交通確保対策協議会(会長・竹本勝哉副市長)が事業主体となり、根室交通が運行する形で実証試験を行うことになった。

 計画は「行き」が落石港を午前7時20分に出発。落石駅前、浜松、長節など10カ所を経由して根室高校着が同7時57分、市立根室病院が同8時2分着。「帰り」は、その逆行程で両路線とも所要時間は約40分。水曜日のみ市立病院を午後1時に出発する「帰り」便を運行する。

 実証試験の乗車料金は根室交通ホームページに詳しく掲載されているが、落石港から市立根室病院まで全行程乗車で1140円。

 市は4月1日から、子育て応援事業として、18歳以下と小学生未満の子供に同伴する保護者1名を市内区間無料にする「バス乗車フリーパス」を発行する。無料対象路線は花咲線、納沙布線、厚床線、西浜線、根高線に加え、同10日からは「落石線」も対象となる。

 また、市地域公共交通確保対策協議会が28日にまとめた「地域公共交通計画」は、「子供と高齢者にやさしく持続可能な公共交通体系の構築」をテーマに、2027年度までの5年計画で、既存公共交通の維持と予約運行などの新たな交通手段の可能性を探る。約1カ月の意見公募などを経て成案化する方針だ。

関連記事

紀伊民報社

不登校の子持つ親支援 「親カフェ」

 子どもが不登校や不登校気味で悩む保護者を支援しようと、和歌山県上富田町の「かみとんだ女性議員の会」が20日、同町朝来の喫茶店「Rカフェ2」で、つながりや語り合いの場「親cafe(カフェ)」を開...

「ウマ娘」とコラボ 27日からデジタルスタンプラリー 苫観光協会

苫小牧観光協会はゴールデンウイーク期間中の27日から5月6日まで、人気ゲーム・アニメの「ウマ娘」と連携した初のイベント「市内周遊 出走! スタンプラリー」を実施する。ウマ娘の等身大パネルを市内の観...

荘内日報社

鼠ケ関「神輿流し」 豊漁と海上安全願う 満開の桜の下 春の伝統行事

 鶴岡市鼠ケ関の弁天島にある厳島神社の例大祭行事「神輿(みこし)流し」が15日、鼠ケ関地区内で行われた。神輿を担いだ白装束姿の若い男衆たちが地区内を練り歩いた後、鼠ケ関川に入り神輿に威勢よく水を掛け...

音更ハピオ30周年企画続々 豊西牛祭りやロゴトート

 音更町内のスーパー・ハピオは今年、開店30周年を迎える。記念事業として、企業とのコラボ商品やオリジナル商品を随時販売していく予定で、「特別感のある商品で日頃支えてもらっているお客さまに還元したい...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク