全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清掃活動連続1000日を達成 田中さん「まだまだ拾い続ける」

ボランティア清掃には観光客も含め、多くの賛同者が参加してごみを集めた=27日午前、桃里の海岸

 「アースクリーン」として2020年7月からボランティア清掃活動を続ける田中秀典さんの連続記録が27日で1000日を迎えた。この日は、午前6時から桃里の海岸を清掃。賛同する仲間たち約40人でビーチクリーンを実施した。ビーチクリーンがきっかけで知り合った「石垣 鮨 北倉」の北倉久義さんは、参加者らにいなりずしなどを振る舞った。

 岐阜県出身の田中さんは、ビーチクリーンツアーなど環境保全事業を行う合同会社縄文企画の代表を務める傍ら、レジ袋が有料化した2020年7月1日から島内での清掃活動をスタート。「一人だとちっぽけなことに見えるが、大勢集まれば活動は広がる」と拾い続けてきた。

 台風の日などビーチにいけない日は、自宅付近のごみを集めるなどして欠かさず実行。「これまで続けてこられたのは、活動を通して人との出会いがあったこと」と振り返り、「きょうで一つの区切りになったがまだまだ拾い続ける。今後は、集めたごみで天板や角材をリサイクルし、それを材料にしてベンチやテーブルを作り、より多くの人にごみ問題を知ってもらいたい」と意気込んだ。

 神戸市から観光で参加した藤田玲子さんは子どもたちとビーチクリーン体験。「初めて石垣島に来たが、想像以上にごみが漂着していて驚いた」と話した。

関連記事

紀伊民報社

印南で小玉スイカ収穫 甘くてシャリシャリ

 JA紀州(本所・和歌山県御坊市)管内で、夏の風物詩となっている小玉スイカが収穫されている。生産が盛んな印南町では7月末まで、農家が丹精込めて育てたスイカの収穫が続く。  小玉スイカは皮が薄く...

荘内日報社

ディズニー仲間たち パレードが夢の世界へ 酒田まつりに登場

 ミッキーマウスらディズニーの仲間によるスペシャルパレードが20日夕、「酒田まつり」の本祭りに合わせ酒田市の中心市街地で行われ、沿道を埋めた見物客を夢の世界に引き込んだ。  東京ディズニーリゾート...

宇部日報社

市空き店舗利活用事業 セメント町の支援拡大【山陽小野田】

 山陽小野田市は、空き店舗等利活用支援事業のうち、旧セメント町商店街周辺地区に限って、今年度から補助額の上限を50万円から100万円に引き上げた。エリア内に複合施設「Aスクエア」が新しくオープ...

撮影風景や衣装を間近に 映画「馬橇の花嫁」帯広競馬場で展示

 幕別町出身の映像作家逢坂芳郎さん(43)が脚本・監督を務め、昭和30年代の十勝の農村を舞台とした短編映画「馬橇(そり)の花嫁」の公開に先立ち、特別パネル展が帯広競馬場で開かれている。場面写真...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク