全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

清掃活動連続1000日を達成 田中さん「まだまだ拾い続ける」

ボランティア清掃には観光客も含め、多くの賛同者が参加してごみを集めた=27日午前、桃里の海岸

 「アースクリーン」として2020年7月からボランティア清掃活動を続ける田中秀典さんの連続記録が27日で1000日を迎えた。この日は、午前6時から桃里の海岸を清掃。賛同する仲間たち約40人でビーチクリーンを実施した。ビーチクリーンがきっかけで知り合った「石垣 鮨 北倉」の北倉久義さんは、参加者らにいなりずしなどを振る舞った。

 岐阜県出身の田中さんは、ビーチクリーンツアーなど環境保全事業を行う合同会社縄文企画の代表を務める傍ら、レジ袋が有料化した2020年7月1日から島内での清掃活動をスタート。「一人だとちっぽけなことに見えるが、大勢集まれば活動は広がる」と拾い続けてきた。

 台風の日などビーチにいけない日は、自宅付近のごみを集めるなどして欠かさず実行。「これまで続けてこられたのは、活動を通して人との出会いがあったこと」と振り返り、「きょうで一つの区切りになったがまだまだ拾い続ける。今後は、集めたごみで天板や角材をリサイクルし、それを材料にしてベンチやテーブルを作り、より多くの人にごみ問題を知ってもらいたい」と意気込んだ。

 神戸市から観光で参加した藤田玲子さんは子どもたちとビーチクリーン体験。「初めて石垣島に来たが、想像以上にごみが漂着していて驚いた」と話した。

関連記事

老舗酒店「〆二福士商店」 30日で閉店 街見詰め95年

1928年から続く苫小牧市錦町の酒店「〆二(しめに)福士商店」が30日で閉店する。3代目店主の福士徳彦さん(68)が酒販を取り巻く環境の変化や後継者の不在、自身の高齢化などを受けて決断した。街の発...

黄金色の稲 ザクッ 児童と地域住民収穫 幕別・途別小

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童18人)で21日、稲刈りが行われた。全校児童が黄金色に実った稲の収穫に汗を流した。  途別地区は十勝で最も早くから稲作が行われていた地域の一つ。地域に水田...

宇部日報社

仕組みや意義を再認識 宇部商高で選挙出前授業【宇部】

 宇部商高(久保田力哉校長)で20日、2、3年生200人を対象とした選挙の出前授業が行われた。実際の投票用紙発券機、記載台、投票箱を使った模擬投票を通じて、選挙の仕組みや投票の意義を再認識した...

荘内日報社

だだちゃ豆「白山」もとに新品種 赤澤さん育種赤澤2号・3号 甘み強く香り良い3..

 元山形大学農学部客員教授(植物育種学)の赤澤經也(つねや)さん(79)=鶴岡市稲生一丁目=が20日、鶴岡特産のだだちゃ豆「白山」をもとに選抜育成した新品種「赤澤2号」と「赤澤3号」を発表した。主力品種...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク